パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

夏に行きたい場所No.1!大岩山日石寺で涼しくて最高

どうも、編集長のサクラです。


みなさんはこの写真を見てここがどこかわかりますか?

実はこの美しい自然と建造物は、上市町にある大岩山日石寺

情報によるとここには国指定史跡大岩日石寺石仏、通称『大岩のお不動さん』という方がいるという。


・・・誰だよ。


ということで、大岩山日石寺にやってきました。

まずは大岩のお不動さんとやらに挨拶に行こうと思います。

ただ会う前に面白そうな建物がありました。


ここは阿覚窟という建物で中には厄除大師(弘法大師)がいます。

あんな大きな岩の中にいるなんて、引きこもりな神様なのでしょう。

それにしてもなんだか異世界にいるような風景だな。


今度は、十二支滝というすごい滝に出くわしました。

よく見ると、龍の頭に12支の本尊がいます。

こ、これは・・・。




不謹慎を承知で言わせていただくと、お地蔵さんが気持ち良さそうに小便をしているみたい。


って、近くにいたおばちゃんが言ってました。


近くで見ると、龍とお地蔵さんの距離感がわかります。

さすがに、お地蔵さんのアレがこんなに長いわけありませんね。

というか、体とアレが同じ大きさになっちゃうし。


ちなみに、この大岩山はそうめん激戦区となっており、いろんなところにそうめん街道がある。

夏には最高の避暑地ですね!


そうして階段を上ると、いよいよ本堂がありました。

この中に、あの大岩のお不動さんがいるんですね。




しかし、その扉は固く閉じられていた・・・。


ちらっと、中から見たら岩で不動明王像が作られていました。

なるほど、これはすごい彫刻です・・・写真は撮っていいかわからなかったので詳しくは「大岩山の石像」で検索!


大岩のお不動さんったら超堅そうで親しみづらかったなぁ。

そう考えると、そこらへんのよくわからない銅像の方が触れるし、近くで見れるし、友達になれると思いませんか?


続いて、六本滝というところに向かおうと思います。

なんとここでは5000円で滝行ができるんです!

これは面白そう!ワクワク!


さぁ、滝が見えてきました。

いざ5000円を払って滝行をしよう!と思っていたのですが、わたしは特に滝行する理由がなく、むしろ1人で滝行してたら、ガチで何かあった人みたいになっちゃうし。

しぶしぶあきらめましたとさ。


これが六本滝かぁ。

この六という数字には、六大(地、水、火、風、空、識)を型どった6つの蛇口から流れる滝に打たれることにより六欲煩悩を洗い落とすことができるみたい。

やっぱ、滝行するなら冬でしょ。

一緒に滝行してくれる人、募集中です。


ということで、この大岩山日石寺はすごく広くて、神聖で、散歩してるだけで楽しめます。

ここは富山おすすめデートスポットになりますね。

ちなみに、近くにはアニメ映画『おおかみこどもの雨と雪』の花の家千巌渓などもあり、ほんといろいろ楽しい場所があるのでぜひ行ってみてください。

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »