すごい綺麗に用を足す地蔵ある「大岩山日石寺」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


上市町にある大岩山日石寺というところに来ました。

スポンサードリンク

ここは立山連峰の裾野にあり、「大岩のお不動さん」と呼び親しまれています。


誰だよ。

DPP_1635

まぁ、とりあえず「大岩のお不動さん」とやらに会いに行きますか。

早速、面白そうな建物がありました。

DPP_1643

ここは阿覚窟という建物で、中には厄除大師(弘法大師)がいます。


洞窟に引きこもっちゃって。

彼は、そうとう恥ずかしがり屋さんなのですね。

DPP_1644

続いて、十二支滝です。

龍頭の頭上には12支の本尊がいます。


つまり、お地蔵さんのジョニーが龍であり、そこから気持ち良さそうに小便を出しているのです。




うそです。

DPP_1645

近くで見ると、龍とお地蔵さんの距離感がわかります。

さすがに、こんなにジョニーが長いわけありませんね。


というか、体とジョニーが同じ大きさになっちゃいます。

DPP_1640

階段を上ると、本堂がありました。

この中に、「大岩のお不動さん」がいるんですね。


しかし、その扉は固く閉じられていた・・・。


ちらっと、中から見たら、岩で不動明王像が作られていました。

DPP_1636

「大岩のお不動さん」ったら、超堅そうで、親しみづらかったなぁ。

そこらへんのよくわからない銅像の方が触れるし、近くで見れるし、親しみやすいわ。

DPP_1641

続いて、六本滝に向かおうと思います。

ここは5000円で、滝行ができるんです!

ワクワク!


勝手に、滝の下に行ったら、しばかれるかしら?

DPP_1637

さぁ、見えてきました。

くそー。

1人じゃなかったら、滝行してたのにぃ。


1人で滝行してたら、ガチで何かあった人みたいになっちゃうし。

DPP_1638

これが六本滝かぁ。


六大(地、水、火、風、空、識)を型どった6つの蛇口から流れる滝に打たれることにより

六欲煩悩を洗い落とすことができるみたい。




やっぱ、滝行するなら冬でしょ。

一緒に滝行してくれる人、募集中です。

DPP_1639

いやぁ、それにしても大岩山日石寺って広いなぁ。

散歩してるだけで、超和んじゃうんですけど。


ここは、富山おすすめデートスポットにマイ登録しておこう。

DPP_1642

ちなみに、近くにはお食事処や大岩不動の湯という温泉もあります。

ぼくは、大の温泉好きで、毎日温泉を飲んでいます。


ということで、大岩不動の湯の記事もどうぞ!明日公開


大きな地図で見る

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る