心躍るワクワク雑貨空間「バズバズ(bazbaz)」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


高岡市にある心躍るワクワク空間「バズバズ(bazbaz)」に来ました。

名前の意味は、全くわかりません。

アレかと思ったが、トイストーリーのバズ(Buzz)ともつづりが違った。

DPP_2183

bazbazは、ものすごい大きな雑貨屋さんです。

この大きさ。

まさにビジネスライクの香りがします。

スポンサードリンク

くっそー!

ぼくなんか毎月3万円とお米だけで生きているというのに!!

DPP_2184

入口には、可愛いプラント雑貨がありました。

色んなところから寄せ集めてきたという感じです。


雑貨通のぼくとしては、どれも見たことあるものばかりですね。

ぼくの目はごまかせませんよ。


ただ、チョイスのセンスがいいですね。

DPP_2187

続いて、店内へ。


ものすごい雑貨の数です。

女性向けの雑貨が多く目立ちますね。

ターゲットは、20~30代向けの女性っぽいです。


ちょうど食べごろの年齢層です。

20~30代の女性が集まってくる雑貨屋。


最高の婚活場所やないか!

DPP_2186

ソファなどの家具も店内に収まっちゃってます。

ポップなカラーがイイ感じですね。

今のところ、オリジナルアイテムは、まだ存在しません。


ただ、いろんなものがたくさんあります。


ワクワクが止まりません!


ゴロリの気持ちがわかったような気がします。

DPP_2188

このクマ三兄弟も可愛いですね。


一見、一匹だけパンダやん!

と思うかもしれませんが、パンダも実はクマ科なのです。

ただ、茶色クマと白クマの密着度からすると三角関係は、パンダの敗北によって終止符を打たれたようです。


まさか、雑貨屋でこんなヒューマンドラマならず、ベアードラマが繰り広げられているとは!

DPP_2185

といろんな雑貨があるのはわかりました。

しかし、オリジナル商品はありません。


スタッフの人にも聞きましたが、完全なる雑貨のセレクトショップみたいだ。

まぁ、雑貨を自ら作っている雑貨屋なんて、数が限られているわけですけどね。


ただ、そんな雑貨屋が富山には多く存在するのも確かである。

やっぱり、このお店は、ビジネスの香りがプンプンしますね!


ぜひ、何かお仕事をください!

DPP_2191

店内を散策していると、上野紋という人物の色紙がありました。


なに?

富山ではそんな有名な人なの!?


ぼくだって・・・

ぼくだって!!


いつでも色紙が書けるように、サインの練習は毎日してるんだからね!プンスカ

DPP_2189

と、本当にたくさんの雑貨があるお店です。

ファボーレかイオンで雑貨を買うのもいいけど、このお店に来てもたくさん雑貨があります。


どうせならトイストーリーのバズの着ている身体能力を530%以上引き出す画期的なスーツも売っていて欲しかったです。


まぁ、そのバズとは、なんら関係のない雑貨屋なんですけどね。

むしろ、著作権でお金取られちゃいます。


大きな地図で見る

ADDRESS 富山県高岡市福岡町大滝175
TEL 0766-64-0777
OPEN 10:00〜20:00
CLOSE NO CLOSE

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る