家で服を作りたい!雑貨と布のお店「redbeans」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


高岡市に、布・麻・ガーゼ・コットンなどの布と雑貨を中心に扱う雑貨屋があるという。

スポンサードリンク

その名も「redbeans」

レッドビーンズと検索すると

クックパッドの「レッドビーンズ」のレシピ 34品 が引っかかりました。


赤い豆だから、訳すと「あずき」ですかね。

DPP_2176

入口にやってきました。

落ち着いた外観ですね。

見ての通り、こじんまりした雑貨屋さんです。


早速、店内に行ってみましょう。

DPP_2178

店内は、もこもこしたアイテムがたくさんありました。

すごく暖かそうです。


余談ですが、冬と言えば起床と同時に布団との格闘が始まる季節。

温かい布団からなかなか出れず

毎年何億人もの人間が布団上で失神(二度寝)するという恐ろしい時期です。


こんなあったかそうなアイテムに囲まれたら、失神しちゃいそうです。

ぼくもよく、バスとか電車内で失神していました。

DPP_2179

「redbeans」では手作り雑貨も扱っている。

生地を入荷して、そこからオリジナルアイテムを作っているみたいだ。

さらに、木や皮のボタンなど縫製グッズや手作り素材もたくさんあるので

ここで素材を買って、自ら雑貨をデザインすることも可能なわけです。


まぁ、創造と反対のベクトルにいるぼくには無理ですけど。


この前も、パソコンを直そうとして分解したら、逆に起動しなくなりました。


起動しなくなった時は、「ははは!逆に破壊したった!」とへらへらしていたのですが

一旦コーヒーを飲んで、シャワーを浴びて、布団に入ってから泣きました。

DPP_2180

小物雑貨は、いろんなモノがランダムに散らばっている。

小さくて可愛いですねぇ。


清少納言も「なにもなにも、ちひさきものはみなうつくし。」(何でも小さいものはみな可愛い。)

と言っています。

そして、なぜかカルガモの卵とガラスの小瓶が超可愛いと絶賛しています。


なんでカルガモだよ。


小さいモノは、みんな可愛いというならば

ぼくの最も嫌いな生物「虫」も可愛いのでしょうか?

DPP_2181

そんな小さきモノのなかに面白いモノを発見しました。


「幸せになる為の5つの決まり事」

1. 人に憎しみを抱かない
2. 心配事は考えすぎない
3. 質素な生活をする
4. 人にはより親切を
5. あまり欲張らない


まるでぼくのことを言っているようです。

ぼくは幸せになる申し子なのでしょうか?

特に、3番の質素な生活をするは、まさに実行してます。


自ら実行していると言うと、聞こえがいいですが

月3万円とお米だけで生活しているぼくは、強制的に質素な生活を余儀なくされています。

DPP_2177

やっぱり、このようなお店は女性向けのものが多いです。

というか女性向けしかないのか。

可愛い服に、可愛い鞄に、可愛い雑貨に・・・

男が来るところじゃない!?


でも、大丈夫。

女性へのプレゼントで何か買えばいいじゃないか。


とりあえず、三次元の彼女ができたら検討しましょう。

DPP_2182

なんでしょう。

お店の宣伝を全然していないような気がします。

もう、半分くらいが雑談みたいになってしまいました。


・・・どうしよう。




まぁ、しかたありません。

「redbeans」さん、すいません。


大きな地図で見る

ADDRESS 富山県高岡市泉町2-24
TEL 0763-82-0004
OPEN 10:00〜18:00
CLOSE 火・水曜日

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る