入善町・朝日町でのデートコースを考えてみた。

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


富山県。

一体、どこに行けば彼女が喜ぶのか。

どうすれば、彼は楽しいのか。

富山の男の子と女の子が悶々としている。


どうにかせねば・・・せねばならぬ!!


そんな彼らのために、おすすめデートコースを作ってあげよう。

そして、思春期の悶々をまるっと解決してあげよう!


栄えある第一弾は、だいぶ富山の端っこ「下新川郡 入善町」だ!

DPP_0556

さて、デートの朝はとてもゆっくりがいい。

夜、悶々として眠れないかもしれないので、起きる時間は10時くらいでもかまわない。


彼女に会う前に、「水の小径」にある銅像のおっぱいを見て、モチベーションを上げておきましょう。

DPP_0561

さっそうと、彼女を車に乗せ、まず向かうのは、下山芸術の森「発電所美術館」

1

全国でも珍しい発電所を改装した美術館として注目されていて、
内装は、当時の発電所のままで、その機械的な地形を生かして、展示物が並べられている。

DPP_0540

美術館だけでなく、発電所の外にも変なモニュメントがたくさんある。

「まっ、でもルーブル美術館には及ばないな。」

と軽くフランスに行ったことがあるアピールをしましょう。


もし、彼女がルーブル美術館に詳しかった場合は、

「しゅじぇーるのなめくじが最強だったなぁ。」

と適当なことを言ってあしらいましょう。

DPP_0549

さて、午前中に美術館を楽しんだ後は、ランチを食べに行きましょう!

行く場所は、北欧スタイルのフレンチカフェ「カギタエ CAGITAe」

2

まず、その外観。

北欧スタイルの超オシャレなカフェレストラン。

世の中のほとんどの女性は、北欧スタイルが大好きなのだ。

つまり、北欧スタイルの場所に行けば、はずれはない。


イケヤで主婦が、大量に買い物するのも、その理由だ。きっと。

DPP_0298

ランチメニューは、パンとサラダとパスタ、そして、デザートとドリンクがついているフルコース!

サラダはもちろん北欧スタイルのバルサミコ酢だ。


ランチを食べながら、

「この味、懐かしいぁ~」と言い、昔、北欧にいたアピールをしましょう。

もし、彼女が何が懐かしいのか聞いてきたら

「なんでか知らないけど、懐かしい味がするなぁ。おふくろの味?てきな(笑)」

と適当にあしらいましょう。

DPP_0301

お腹もいっぱいになったところで、ちょっと自然を楽しみに行きましょう。

天然記念物に指定されている杉、不思議なダンジョン-杉沢の沢スギある「沢スギ自然館」

3

「沢スギ自然館」は人工的に作られた魔法のダンジョン。

しかも、入館料無料か。

「一瞬でクリアしてみせるぜ!」と張り切りましょう。

DPP_0573

かろうじて道があるものの、一歩道を踏み外せば、足元にはコケやシダ植物がうようよ居やがる。

コケやシダ植物が襲いかかってきたら、勇敢に振り払い、彼女を助けましょう。

そんなあなたの姿に、胸キュンなはず!


「植物が動くわけないじゃない。」

と言われたら、「つい、くせで体が動いちまうんだ・・・」

と謎のコメントを残しましょう。

DPP_0580

植物を見たなら、次は海!

目指すは、ヒスイがとれるというヒスイ海岸に行きましょう。

4

海岸を見渡すと、あちこちにヒスイハンターたちがいると思います。

彼らにヒスイを取られないように、一生懸命探しましょう。

そして、ヒスイを見つけたら、大切なお母さんのプレゼントしましょう。

DPP_0521

もし、万が一、ヒスイが見つからなかった場合、適当に石を拾いあげ

「これがヒスイだ!」

と、叫びましょう。

もし、彼女が、
「ヒスイってこんな色してないよ。」

と言ってきたら、男らしく、その石を思いっきり海に投げ飛ばし、

「いや、あれは確かにヒスイだった。」

の一点張りで、ソクラテスの思想ついてどう思うかと話をそらしましょう。

DPP_0523

さぁ、いろいろ歩き疲れて、ちょっとコーヒーブレイクをしたい時間帯。

ちょうど、ソクラテルについてもゆっくり語り合いたい。

そこで、次に向かうのは、内田もも香のカフェ「Studio&Gallery Cafeふかみ」

5

店内には、女優の内田もも香さんが手伝いをしている。

なんてこったい、こんなところでまさか女優に会うことができるとは・・・ひゃっほーぃ!!


だが、はしゃがず冷静にこう言いましょう。

「おれ、もも香とマブダチなんだよね。」

DPP_0536

内田もも香さんがコーヒーを入れてくれ、アップルパイを持ってきたときに、彼女が

「なんで、マブダチなのに、一切喋りかけないの?」

と聞いてきたら、ちょっと意味深に

「いろいろあってな・・・あと、お前と一緒にいるから、嫉妬してるのかも。」

とモテ男アピールをしましょう。

DPP_0531

さて、入善町でのデートもいよいよクライマックス!

最後に向かう場所は、なんと最初に行った下山芸術の森「発電所美術館」

6

この美術館の頂上には、なんと展望台があり、黒部川扇状地に広がる散居村や北アルプス連峰が一望できるのだ。

くぅー!シビレルー!

DPP_0823

そして、夕方には、夕日の沈む日本海が遠望できる。

夕日を見ながら、ノスタルジックな雰囲気になり、ここでようやく大事な大事なアタックチャンス!


「さて、ここで問題です。熱中症をゆっくり言うとどうなるでしょうか?」


彼女は戸惑いながらも答える。


「ねっちゅうしよう?」


そこで、すかさず彼女のクチビルを奪うのだ!

ビックリする彼女を横目に、

「だ、だって、『ねぇ?チュウしよ?』って言ってきたのはお前だからな!」

DPP_0866

ここにも新たなカップルが誕生しました。

この記事を読み、予習は完璧!

予習通りに行かなくても、ぼくを恨まないでください。

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る