欧米スタイル雑貨の専門店「EASE LIFE(イーズライフ)」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


富山市になる欧米のアンティーク家具雑貨を直接買いつける専門店「EASE LIFE」

スポンサードリンク

アンティークに溶け込む新品家具ブランドも多数取り扱っており、リーズナブルに部屋をオシャレにできる。


新旧家具対決が今はじまる!

DPP_0137

なぜか入口には、なにもしていないのにThank youの文字が

とりあえず

「My pleasure」

とドヤ顔で言って、英語ができる雰囲気は出しておきました。

DPP_0136

店内はスペースが広くなって、ゆったりした印象。

そこらへんにランプが天井からぶら下がっているので、暖かい雰囲気をかもしだしている。


一体、どいつが新人で、どいつがじじいなんだ。

DPP_0131

最初のフロアは、アンティークに合った新品のソファーや雑貨がそろっており

写真からわかるように、その溶け込み具合が半端ない。


うん。

ぼくはやっぱり若い子がいいなぁ。

夜のお店に行っても、「とりあえず若い子で!」が口癖になっているし。

DPP_0134

「We serve the finest people everyone」

俺たちは毎日、最高の野郎どもにサービスするぜ!

このおじさんもそうおっしゃっております。


まるで、夜のお店のオーナーですね。

DPP_0135

サイコロですら、「EASE LIFE」では超おしゃれを演出してくれる。

このマフィア感がたまりませんなぁ。

DPP_0132

エルヴィス・プレスリーさんの奥には、様々な香りのキャンドルがあり、誰かのプレゼントには最適なアイテムだ。

このキャンドルは「スナックにゃんにゃんこ」のかわい子ちゃんへのプレゼントだな。


どの香りのキャンドルにしようか迷っちゃいます。

DPP_0133

店内奥には、また、違った空間が存在しており、そこは主にアンティークを扱っている。

こ、この人はキング・オブ・ロックンロールのエルヴィス・プレスリーさん!


ぼく「は、はじめまして!」

エルヴィス「よぅ。ゆっくりしていきな。うちには可愛い子がたくさんいるぜ。」


彼もまた、夜の街の犠牲者なのだろう。

DPP_0127

さらに「EASE LIFE」では、アパレルも備えており、主にジャーナルスタンダードなどのブランドが入っている。

ジャーナルスタンダードは金沢まで行かないとないと思っていたが、富山で売られているなんて初めて知った。


これで、遠出しなくても服を買うことができるな。

DPP_0130

いやー本当に面白くて、おしゃれなアイテムがいっぱいあったなぁ。

富山ではほとんど見ることがないものばかりだった。

アンティークもいっぱいあって、おかげ様でなんだか年老いた気分です。


素晴らしいプラシーボ効果ですね。

DPP_0140

実は、「EASE LIFE」の近くに、アンティークやヴィンテージのみを扱う専門店「Ease Antiques」が存在する。

「Ease Antiques」は「EASE LIFE」と違って、アンティークものばかりなので、宝探しに出向く気持ちで行ってみると面白いかもしれません。


大きな地図で見る

ADDRESS 富山県富山市清水町6-4-18
TEL 076-421-1970
OPEN 12:00-19:00
CLOSE NO

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る