ひっそり休すもう「大岩不動の湯」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


六本滝ある「大岩山日石寺」の帰り道に、「大岩不動の湯」がありました。

スポンサードリンク

そう。

ついに、始まってしまったのです。


サクラさん富山湯めぐりツアー第一弾が!!

DPP_1647

今まで、1人で温泉に行くなんて、考えもしなかったんですが

どうしても、ぼく、温泉に入りたいんです!


20代だけど、1人で温泉に入らせて下さい!

DPP_1648

ということで、やってきました。

ここは、平成20年9月開湯したので、外装はとっても綺麗です。


綺麗なところ最高です。

DPP_1649

はしゃいでいると、窓から「大岩のお不動さん」がこちらを睨みつけています。

超こわいんですけど。

DPP_1646

そんな「大岩のお不動さん」の目を合わせないように、玄関に来ました。

夕方なのに、カメラの都合上で、まぶしいぃー。

DPP_1650

玄関を開けると、あらビックリ!?

靴箱がいっぱいやん。


隠れた名湯かと思ったら、大人気の温泉でした。

DPP_1651

入浴料は400円です。

いざ、女湯に行きたいところを我慢して、男湯に行きましょう!

DPP_1653

着替え室は、結構こじんまりしています。

温泉の撮影は、こわいなぁ。

思わず、おっちゃんのジョニーが写ってしまうかもしれないし。


おっちゃんのジョニーが写ってしまい、このサイトが18禁になってしまわないように

温泉内の写真は、ホームページより引用させていただきました。

16010551_2983_3

はい。

地元の杉や桧をたっぷり使った屋内は、木の香りがよく温もりのあるつくりになっています。

なんかイイ感じ。

16010551_2983_1

屋内のお湯はろ過でほぼ透明になっていますが、露天風呂のお湯は薄いグレーの源泉色になっています。

このにごりが、いいんだよなぁ。


お茶も綾鷹に限る。

DPP_1655

こちらが隣の湯、つまり女湯。


日替わりで、男女の湯が変わるので、運が良ければ、「大岩のお不動さん」のステンドガラスに睨まれます。

もう、「大岩のお不動さん」って単語が好きになってきました。

DPP_1652

さて、自分の写真に戻り、フロントにやってきました。

おばあちゃんものんびりしています。

テレビもお相撲です。


温泉企画第一弾としては、大成功ですね。

それでは、この温泉近くにある六本滝ある「大岩山日石寺」の記事もぜひ見ていってください。


大きな地図で見る

ADDRESS 富山県中新川郡上市町大松鍋谷3
TEL 076-473-3622
OPEN 12:00~21:00
CLOSE 火曜日

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る