パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

【富山湾でダイビング】キュートな魚 ビクニンが滑川で見られる

こんにちわ、ダイバーのMoNaです。


今回は滑川の「春の海」を紹介したいと思います。

この時期の滑川の海は大変面白く、県内はもとより県外や海外からも多くのダイバーが訪れています。

この時期の人気ナンバー1が「ビクニン」

通常は水深200mくらいに生息している魚ですが、通常は見ることができない魚が深夜の滑川の海(水深30mくらい)で観察することができます。これは世界的に見ても珍しいことなのです。

その姿がこちら。


ブサカワイイ、キュートな魚です。

よく写真のように丸まった姿をとっていますがたまに、シッポで目のあたりをこする仕草を見ることができます。

尚、「ビクニン」とは変わった名前ですが、これは尼僧を指す比丘尼(びくに)から付けられたもので、丸い頭部や背ビレと尾ビレなどの様子が、法衣を着た尼僧のように見えるからだと言われています。


こちらは「ホテイウオの幼魚(アカチャン)」

吸盤状の腹ビレを使って海草に張り付いた姿を見ることができます。

写真では大きく見えますが、実際は米粒ぐらいの大きさ、親は深海に生息していますが、産卵は浅いところで行うため、春先に浅い水深でよく見ることができます。


こんな海草の隙間によく隠れています。


こちらは「ダンゴウオの幼魚」

ホテイウオとよく似ていますが別の個体です。

生まれた直後には、体に「天使の輪」と称される白い輪っか状の線が現れ、これは成長するにしたがって徐々に消えていきます。


海草の上でホテイウオとダンゴウオのにらめっこ。

深夜に冷たいけどホットな春の海からおとどけしました。

関連記事

ページ上部へ戻る