パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

内川を着物で街歩き!おきがえ処 KIPPO

夏が来る~きっと夏が来る~!!

はっ!またしても平成生まれがピンと来ない懐メロを口ずさんでしまった…どーも、サンソンです。

「今年の夏は特別なものにしよう!!」と毎年のように思うのですが、結局のところ暑い暑いと3億回言い続けてたら夏が終わってしまうんですよね。



スペシャルな夏にすべくリサーチしていたら、「浴衣レンタルして可愛く夏を満喫する」という最高なプランを見つけてしまいました。


ここは、富山県射水市の日本のベニスと称さる内川沿いにあるアンティーク着物の貸衣裳屋さん「おきがえ処KIPPO」ホームページはこちら


気軽に着物に親しんでほしいという想いと、内川の活性化を願って2016年7月にオープンしたKIPPOは、昭和35年創業の老舗、射水市善光寺にお店を構える川口貸衣裳が経営しています。


店内には、アンテイークの着物や浴衣がずらり。KIPPOの着物や浴衣は、内川に住んでいる方からいただいたものが多くあるそうです。内川の歴史が詰まったレトロで粋な柄が沢山で選ぶのが楽しい!


普段は着物のレンタル・着付けをしているそうですが、夏は浴衣の着付け・レンタル(3時間)を1.000円で行っているとのこと。
10分ほどで着付けしてもらうことが出来るので、気軽に着物・浴衣を楽しめます。


さっそくスタッフさんに浴衣を着てもらいました。




可愛い!眩しい!


同性の私でも素直にそう思うので、男性目線だと更に可愛く見えているのではないでしょうか?浴衣姿嫌いな男性はいないはず。


さっそく浴衣美人達と内川散策します。私は変態カメラマンとして後ろからついていきます。


絵になるなぁ。浴衣美人と風情ある内川のコラボレーションは見事なものです。

ここに来れば、浴衣・日本のベニス内川・可愛い笑顔という夏の3大フォトジェニックを撮ることが出来る!!!これは、この夏体験するっきゃない!!


KIPPOでは、新湊周辺に住む方たちが作った小物・アクセサリーも販売しています。浴衣に似合いそうな可愛いものが沢山あります。




「おきがえ処KIPPO」の中も案内していただきました。

まずは、KIPPOの素敵な空間を通り抜けます。

中庭の美しさよ…これぞ日本の美!!

商店街に面したスペースにドレスがずら~っと並んでいます。
こちらに並んでいるドレスもレンタル可能で、販売会も行っているそうです。

内川沿いは着物、商店街側はドレスといった和と洋を両方楽しめるのもKIPPOの魅了の一つですね。

懐かしさを感じれるバブリーな装飾が施されたドレスもあり、見ているだけでも楽しいですし、一度は着てみたいと思う魅力が並べられているドレスにはありました。

「こんなバブリーなスーツもあるんですよ。」とスタッフさんが教えてくれました.

絵に描いたようなバブリー感でぶっとび~!!!

あえて、これを着て撮影会をするのも面白そうですね。今年のハロウィンの衣裳候補になりました。


ゆったりと時間が流れているような感覚になる内川。

そこでオープンしたレンタル着物KIPPOは、日本の文化・内川の文化を気軽に楽しめるような場所でした。

この夏は、KIPPOで浴衣を着てとびきりの夏になること間違いなし!


     

ADDRESS 富山県射水市中央町3-12
TEL 0766-84-7996
OPEN 10:00~16:00
CLOSE 火曜日
Parking 近くに無料駐車場あり

この記事の著者

SANSON

SANSON

太平洋育ちが2011年に富山へ移住!
雨乞いならぬ日照り乞いを職業として常に富山の鉛色の空と戦っています。
富山の曇り空に暴言吐いている人を見かけたら間違いなくそれは私、サンソンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »