パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

天井画は必見!お寺で開催される「江戸と平成の美」

どうも、編集長のサクラです。


今年もやってきました「善巧寺の天井画特別公開」

突然のことで、何を言っているのかと思っている読者も多いでしょう。

実は、善巧寺というのは黒部宇奈月町にあるお寺なのですが、いろんなユニークな取り組みをしていることで有名なのです。

実際に、去年にも天井画の公開を見に行ったのですが、その天井画は圧巻。

そして、今回は「江戸と平成の美」をテーマに2ヶ寺同時開催するという。

それぞれのお寺を少し紹介します。

【五雲山全龍寺】(曹洞宗・黒部市宇奈月町下立2911)
1790年の火災を逃れた開山堂天井絵。当時流行の三十六歌仙が鮮やかに描かれています。
※期間中、堂内にプチ写経コーナー設置

【白雪山善巧寺】(浄土真宗本願寺派・黒部市宇奈月町浦山497)
2012年に修復事業の一環として天井画を新調(清河恵美制作)。360度の立山連峰と花木が煌びやかに描かれています。
※期間中、堂内にカフェコーナー設置


こちらのイベントの開催期間は、2017年4月19日(日)〜23日(日)まで。

まさに極楽浄土を思わせる!(思わせるだけで、行かないよ!)

ぜひ、気になる方は行ってみてください。

     

ADDRESS 黒部市宇奈月町浦山497
ホームページ 江戸と平成の美
OPEN 13:00-16:00
CLOSE 4/12、4/15
Parking あり

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »