パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

雷鳥ももちろんある!? 第58回「銅像評論会」

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


本日やってきたのは、富山市のなんかのホテル前の道沿い。

そんなよくわからないところにも銅像は存在するのです。

一目見ただけでは、どこにあるかわかりませんが、そこの草むら。

なんか神様でもいるかのように佇んでいます。

近づいてみましょう。

急になんかおった。

そして、めちゃくちゃ銀色やないか。

それにしても凛々しい態度。

なんか中国とかに売り飛ばしたら高値で売れそうだな。

タイトルは、ちょっとチラっとでてしまいましたが・・・。

「雷鳥」


シンプルすぎて吐きそうになりましたが、なかなか綺麗な姿でした。

ということで、評価は・・・。

美しさ ☆☆☆☆
芸術度 ☆☆
タイトル ☆☆
神々度 ☆☆☆☆☆

てか、なんでここにあるよ。

次回も乞うご期待!

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »