立山・黒部アルペンルートの外国人客が5割アップしたらしい。

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


あの富山で一番有名といって、過言ではない立山・黒部アルペンルートの、4月に訪れた外国人が前年同月比46%増の4万4100人に上ったらしい。

スポンサードリンク

それって、すごいのか?

DPP_0731

その8割近くが台湾からの観光客で、富山-台北便が4月15日から毎日運航したことなどの影響だろう。


アルペンルートの外国人観光客は2013年に前年比63%増の14万5300人となり、過去最高を記録。

うち7割が台湾からで、全体を押し上げた。


今年は「雪の大谷ウオーク」に合わせ、富山-台北便が4月15日から5月末まで毎日運航され、4月にアルペンルートを訪れた台湾からの観光客は前年同月比52%増の3万3600人に上った。

台湾以外も好調で、タイが46%増の4500人、香港が3%増の1800人、インドネシアが51%増の1600人、韓国が63%増の700人となった。

知事は

「アルペンルートの昨年の外国人観光客は10年前の約6倍となった。その昨年に比べても、今年4月は増えている」

と手応えを述べ、経済発展が著しい東南アジア地域や欧米からの誘客に力を入れる考えを強調した。

引用 「北日本新聞」


知事もご満悦の様子ですね。

ぼくも、立山・黒部アルペンルートは行ったことがあるので、そのときの記事もご覧ください。

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る