織物の歴史がここに!鶴の恩返し体験ができる「じょうはな織館」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


南砺市の城端にやって来ました。

なんとここには、鶴の恩返し体験ができる場所があるというのです。

スポンサードリンク

なにそれ。

てか、正体を見られて去った鶴って、どういう神経してたんだろう。


この昔話から、一体、ぼくたちは何を学べばいいのか。

DPP_1830

ということで、その場所が、「じょうはな織館」


実は、城端は、絹織物がとても有名なのです。

絹は、肌触りが良くて、高級品です。


そんな絹がぼくは大好きで、

世界中のあらゆる道路の中で、シルクロードが一番好きなほどです。

DPP_1831

「じょうはな織館」には、そうした手織のアイテム・カフェ・ギャラリー・織物体験と

たくさんの楽しいものがあるのだ!

しかも、入館は無料


無料か!

やったぜ!!!

DPP_3456

さて、そんな鶴の恩返し体験ができるというのは、つまり、織物体験です。


鶴の恩返し体験と、タイトルで釣っておきながらなんですが、

ただの、織物体験です。


まぁでも、鶴も恩返しのために、織物をしていたので、織物体験=鶴の恩返し体験でいいじゃない。

DPP_3458

そんな体験ですが、織物の量によって、値段は変わってきます。


ぼくはというと、なんといっても高機コースでしょ。


高機コースは、あのでっかい機械で、ギッタンバッコンする織機のことです。




そう。


これでこそ、おじいちゃんおばあちゃんに恩返しができるってもんよ。

DPP_3462

まず、最初に、糸の色を選びます。


糸の種類は、基本的に絹だけとなっています。

そんで色はというと、結構いろいろあるのですが、可愛い色が多いですね。

あと、落ち着いた色とでもいうでしょうか?


おじいちゃんおばあちゃんにあげるには、こういう優しい色だよね!

DPP_3455

ということで、早速、織り込んでいきます!


織り機は、足で縦糸を上げ下げし、その空間に横糸を通していくのです。




男がやると、なんかシュールな光景ですね。

DPP_3459

このように、足で踏み台を押すと縦糸が上下います。


絹糸のこの繊細なフォルムは、たまらんなぁ。


ちなみに、この絹糸は、昔、五箇山でたくさんカイコが飼育されており、

その糸で、絹織物を始めたのが、城端織物の始まりとされています。

しかも、江戸時代から。


ここは、歴史深いなぁ。

DPP_3461

そんで、今度は、横糸をこのように通していきます。


足を動かしながら、手を動かすのは、めっちゃ難しいです。

これぞ、職人の手が織り成すアイテム。


こんな奴が織ったら、昆布みたいな生地ができちゃうんじゃないかな。

DPP_3463

そんなことを友人に言ったのですが、彼は聞く耳を持たず、ひたすら


友人  「気持ちいいー。」


と言いながら、織り込んでいます。

めっちゃ気持ち悪いです。


縦糸を挿入する作業を何かと勘違いしているんですかね。

DPP_3457

そうして、完成したのが、この織物。


意外と綺麗に出来上がりましたね。

その後、友人に、織物体験の何が気持ちよかったのか聞いてみたら


友人  「縦糸と横糸の絡み具合。」


と、また訳のわからないことを言っていました。

こんな友人をもって、ぼくは残念としか言いようがありません。

DPP_1833

そうして、織物体験を終えて、今度は、ショップ&カフェへ。


ここには手織のアイテム以外に、城端グッズや特産物も売られていた。

けっこう、色々売ってるなぁ。

恋旅~True Tours NantoのCDも売ってるし。


しかし、その中でもやっぱり絹織物グッズが相当輝いていました。


なんか富山プロダクツ認定証ももらってるし。




なんだその認定書は。

DPP_1835

さらに、ギャラリーでは、五箇山和紙を使ったフラワーアートが開催されていた。


こんな繊細なアートを作る人がいるんなんてすごいなぁ。

まぁ、あんまり興味はありませんが。


毎回こんなギャラリーを無料で見れて、ここは最高の場所やで。

DPP_1838

そして、二階には、なんと「true tears」関連コーナーがありました。


よっ!待ってました!

これが今日のメインイベントだよ。

日本の文化は織物ではない・・・。




アニメだ!!

(注意:メインスペースは、織物体験コーナーです。)

DPP_1839

わぁ、サインとか新聞記事とかたくさんある。

のほほんとするわぁ。


小さなスペースだったが、ぼくの心の中は、広大な胸アツが広がりました。

DPP_1840

あーここは楽しかったなぁ。


城端は、古い街並みがとても綺麗で、好きになりました。

また、曳山祭がわかる「城端曳山会館」や雑貨屋​「アトリエCHINOCO」など、

たくさんの観光&ショッピング&カフェがあるので、こちらの記事も見ていってください。


大きな地図で見る

ADDRESS 富山県南砺市城端648-1
TEL 0763-62-8880
OPEN 10:00~17:30
CLOSE 水曜日

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る