2リットル飲みきれ!「城山の湧水」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


むかしむかし、あるところに、わきみず太郎というちんちくりんな小僧がいました。

そんな彼が、ある日、地面を掘るとブラジルに行けるんじゃね?

と考えました。

スポンサードリンク

そして、掘ること47年・・・。

彼は一体、どこにいったのでしょうか?

彼がいなくなった代わりに、彼が掘った穴からたくさんの地下水が出てきました。


そして、村長はこう言ったそうな。


「ブラジルってどこじゃ?」

DPP_1676

上市町にある「城山の湧水」にやってきました。

ぼくが湧水に全く興味なかったら通り過ぎていました。

しかし、思い出したのです。彼の伝説を!


ありがとうわきみず太郎。

DPP_1675

さて、ここが城山の湧水汲み場です。

結構、こじんまりしています。

早速、上半身裸になって、たらふく湧水を飲んでやりましょう!

DPP_1679

なぜでしょう。

富山の名水が取れる場所って、お地蔵さんが必ずいるんですよねぇ。


超こわいんですけど。

DPP_1678

なになに。

この城山の湧水は、紫外線減菌・殺菌装置がしてあります・・・だと?


ぼくは思い出していた。

以前、富山のどこかで、湧水と言われるモノを飲んで、数時間後にコンビニのトイレに駆け込んだことを。


安心していいんだな!城山の湧水さんよぉ!

DPP_1677

よっしゃぁ!

たらふく飲んでやんよ!

と、看板を見ると、2リットルまで10円と書いてあった。


そんな・・・最低単位が2リットルだなんて・・・。

DPP_1680

ぼくはお地蔵さんにお祈りしながら、水を飲んだ。

こ、これは、ゴホォ・・・己との戦い・・・絶対、2リットル・・・飲みきってやるぜ!ゴボッ!


湧水で溺れるかと思いました。

DPP_1681

2リットル飲みきったかは存じませんが

そんなに一気に水を飲んでは、数時間後にコンビニのトイレに駆け込んでもしかたありませんね。




そのとき、地下から声が聞こえました。

「おらぁ、ブラジル着いたっぺぇ!着いたっぺぇ!着いたっぺぇ!」


ありがとうわきみず太郎。


大きな地図で見る

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る