パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

キリン一番搾りの『富山に乾杯』を飲んでみた

どうも、編集長のサクラです。


突然ですがみなさんは、『富山に乾杯』というビールをご存知だろうか?

これは、7月18日に富山県で地域限定で発売されたキリンの一番搾りなのでが、もうスーパーとかで見た人も多いのではないでしょうか。


画像引用 「KIRIN 一番搾り 富山に乾杯」より

ホームページによると、実際に富山県民の人たちと話し合い、富山らしいオリジナルの一番搾りを作り上げたという。

嵐の二宮さんがCMをしていることでも知られています。

CMでもわかるように、富山の幸と相性が良いようなビールになっているようだ。




てか、そもそも以前に、『富山づくり』ってのがあったけど、これとはどう違うんだろうか?

まぁもう1年前の話だから、味忘れちゃってるんだけどね。

味の違いはわからないが、ホームページによると2016年バージョンが『富山づくり』で、2017年バージョンが『富山に乾杯』みたいだ。




それでは、早速、富山に乾杯を飲んでみましょう!


見た目は、あのキリンの一番搾りみたいなデザインです。

それとは別に、富山県が青いイメージカラーとなっています。

富山の誇りをおいしさに変えて

裏面には、このようにPRメッセージが書かれています。

地元の誇りを秘める富山の人に、みんなで”んまい”とダラほど楽しんでほしい一番搾りです。


ちょっと富山弁いれてきましたね。

雨晴海岸の絵とかもありますが、こちらをごらんください。

はい、名古屋で作られています。

まぁ前回もそうだったんですが、それはしょうがありませんね。


コップに注いでみましょう。

家に、ビールの色がわかるようなガラスのコップを探したのですが、全然なくて、謎のワイングラスとなりました。

これはこれでオシャレな気もしましたが、このビールを入れる器ではないな。


さて、味はというと・・・。

あっ! 結構、苦みがしっかりとある!

2016年の富山づくりは味が薄い気がしたのですが、今回はコクがある気がします。

前回なんか反省点があったのか?(味が同じだったらごめんなさい。)

それでいて、泡が滑らかで口上がりが良い仕上がりとなっていました。


正直、あんまりビール飲まないから味の違いがわからないのですが、そこは許してください。

ということで、こちらの『富山に乾杯』

せっかく富山に住んでいるなら、一度は飲んでレビューしておきたいですね。

私も味の違いがよくわかりませんが、とりあえず飲んでみたく、買ってしまいましたし。


ちなみに、富山県のビールと言えば『宇奈月ビール』ですが、こちらも実際に飲んでみたので記事をご覧になってみてください。

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »