富山県での食文化の鍵は食器にある。

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


富山で過ごしていると、和食はもちろんのこと、フレンチやイタリアン、中華料理までもある。

スポンサードリンク

海外ではあまり考えられないほど、日本の食文化は進んでいる。


その大切なポイントに食器がある。

2630959986_48611cb47b_o

陶磁器は中国から伝わったものだが、日本で独自に発展してきた。
富山でも陶磁器は盛んにつくられている。

こういった様々な食器類が食事の魅力を引き立たせてきた。

逆に言うと、解体の料理に使われる食器にはバラエティーがあまり感じられない。

東南アジアでは、プラスチックの容器が当たり前。

ヨーロッパでは、デザインの入った食器たち。

日本のように洗練された食器は、または食器のチョイスにまでこだわる国はほかにない。

つまり、これが経営のヒントになってくる。

富山の飲食店でも料理だけでなく、食器にもこだわりをもってみてもいいのではないか?

例えば、お花屋さんでは植木鉢にもこだわってみる。

雑貨屋では、そのプレゼント用の包装にこだわってみる。

そこから、差が生まれ、口コミで広がり、成功するお店が生まれるのだと思う。

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る