パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

あの鯛のかまぼこはこうして出来てる!「梅かまミュージアム U-mei館」

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


突然ですが、富山市は全国かまぼこ購入量ランキングで4位らしいです。

つまり、富山県の多くの家には、かまぼこがあることを意味します。


みなさん今一度、タンスの中やベッドの下などを探してみてはどうでしょう?

スポンサードリンク

それでも、「私の家にはかまぼこがない!」という人は、家の中をひっくり返して探してみてはいかがでしょうか。

(ひっくり返してまで出てこなかった場合は本当に最悪ですね。)


そんな一家に1つはあると言われるかまぼこですが、一体どのように作られているのか?

DPP_0225

かまぼこ工場見学ができる「梅かまミュージアム U-mei館」にやってきました。


外観は、かまぼこ工場には見えませんでしたが、正面にでかいかまぼこのモニュメントがあったので、ここだと思います。

邪魔だな。

DPP_0227

まず、入り口は、普通にかまぼこ販売スペースがありました。


それで、入り口右側には、かまぼこの歴史や展示物。

奥にかまぼこ工場といったところです。


ということで、かまぼこ販売や歴史などは、まるっきり無視して、早速、工場見学に行きましょう!

DPP_0233

はい、あの有名な鯛のかまぼこが出てきました。


こうやって、手作りで模様を書いているんですね。

言ってしまえば、書き手のセンスによって、鯛は美人にも不細工にも、アフリカのコンゴ族風にもできるのです。


また左手には、ないやら見覚えのあるキャラクターが。

DPP_0234

おそらく、これは、スーパーサイヤ人のかまぼこでしょう。


これだけ頭がツンツンなのは、スーパーサイヤ人かデーモン小暮しかいません。

もし、後者であるならば、このかまぼこ工場は、ちょっとヤバいと思うので、間違いなくスーパーサイヤ人です。


よっぽど、このかまぼこ工場の工場長はドラゴンボールが好きなのですね。

DPP_0235

また、隅っこには、なにやら謎の液体がありました。


なにこのバイオレンスなやつは。

いろんな色合いがあって、ちょっと楽しそうだし。


実は、この液体を使って、かまぼこに色をつけていくのだが、その完成系たちがこちら。

DPP_0236




すげー!!!


めっちゃいろんな種類がある!

あと、バナナのかまぼこって、誰得だよ。

DPP_0232

今度は、かまぼこおでんの製造ラインです。


めっちゃおばちゃんが働いています。

すごい連続攻撃です。

例えるなら「右 右下 下 左下 左 A B」


連続コンボでおでん完成!

DPP_0240

工場見学をしたあとは、なんと試食コーナーが。


すんごいかまぼこ感ですね。

「ただ、試食をしてまで、かまぼこを食べたいか?」

と言われれば、ぼくは首を横に振らざるを得ないので、代わりに友人が食べてくれました。

DPP_0238

なにを隠そう、彼はかまぼこが大好き。

食欲・睡欲・性欲をすべてかまぼこで済ましてしまうような変態なのです。


そして、この笑顔。

今彼は、三大欲求を満たしている最中なのです。

こんなところで。

DPP_0231

ということで、満面の笑みをしたまま床に寝てしまった彼を置いて、展示物コーナーへ。


まず目に留まったのが、このポスター。

全国かまぼこ連合会という謎の集団のポスターなのだが・・・。




ビキニ関係あらへん。

DPP_0228

続いて、かまぼこが調理するとナニに変化するかの説明。


かまぼこを蒸せば、まぁ「かまぼこ」

かまぼこを焼けば「ちくわ」

かまぼこをゆでれば「はんぺん」

かまぼこをあげれば「てんぷら」

・・・。


えっ!?

tennpura.001


てんぷらだって!


これは全国てんぷら連合会が黙っちゃいないよ。

てんぷらが全部かまぼこ由来だってことになっちゃうからね。


なんか数学の必要条件と十分条件を思い出しました。

DPP_0239

ということで、いろいろ突っ込みどころはありましたが、でっかい鯛のかまぼことかはちゃんとしていたので、プラスマイナス0ですね。


また、4名以上いれば、かまぼこ作り体験もできます。

ぼくにももうちょっと友達がいればよかったですね!


ということで、床に寝ている友人を放置して帰ろうと思います。

また、1人友人が減りました。


大きな地図で見る

ADDRESS 富山県富山市水橋肘崎482−8
TEL 076-479-1850
OPEN 9:00-16:00
CLOSE 水曜日

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »