ワインと日本酒が楽しめる!洒落た酒屋「酒商田尻本店」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


富山市の港町岩瀬は、北前船で栄えた都市です。

北前船とは、江戸時代から明治時代にかけて日本海で活躍した船で、北海道からの昆布やニシン、肥料の輸入などで、富山に多くの富と文化をもたらした。


富山県で昆布が取れないのに昆布料理が多いのも、この北前船のおかげなんです。

DPP_2996

さて、そんな港町岩瀬ですが、

そこにすごくオシャレな酒屋があったので、紹介したいと思います。


その名も「酒商田尻本店」

スポンサードリンク

岩瀬自体の街並みがオシャレですが、一体どんな内装なんでしょうか。

DPP_2997

内装は蔵となっており、主に日本酒やワインを扱っている。


特に、岩瀬では、桝田酒造という酒蔵があり、満寿泉ブランドの日本酒として活躍している。

おぉー。

しっかり、試飲スペースもあります。


ただ、車なので飲めません。

いつものことですけど。

DPP_2998

また、ワインの品ぞろえもすごい。


めっちゃワイン売ってるやん。


これはお酒飲みたさで、よだれが止まりません。

ぼくの血はワインでできているといっても過言ではないくらいワインが好きです。


信じられない方は、ぜひ、僕を切断して、血を飲んでみてください。

普通に鉄の味がします。

DPP_3002

そんで、蔵の中を探索していると、変わった瓶のお酒がありました。


なんと底をが開くようになっていて、あけると小さなグラスが二つ入っています。

しかも、ガラスはハンガリーの職人が1本1本手造りで制作している謎のこだわり


中のお酒は、普通に満寿泉です。

DPP_2999

それにしても、すごい量のお酒。


こう綺麗な作りをしていると、見ているだけで楽しくなってきますね。

ただ、こんだけ両サイドに瓶が置いてあるとなんか・・・。


全部、ぶっ壊したくなってきますね。


さすがにそんなことをしてしまったら、一生借金地獄になってしまうので、理性が圧倒的勝利を飾りました。

DPP_3000

温度計・湿度計もオシャレ。


ワインは、コルクを通して呼吸をしていると聞きます。

つまり、そんな生き物であるお酒を管理するには、徹底的に温度や湿度を調整する必要がある。


ただ、今、「コルク 呼吸」で検索したら、「呼吸なんかするかボケ!」という記事があったので、呼吸はしていませんでした。

仮に呼吸するとしたら、ワインは酸化によってすぐにだめになってしまう。


確かに・・・。

DPP_3001

奥には、「カーヴ・ユノキ」というフレンチとワインが楽しめるお店がある。

夜は完全予約制で1日1組限定。

しかも、1グループ3万円以上の食事で予約を受け付けるらしい。


なんて高級店だよ。

10万円くらい貯金ができたら行ってみたいですね。


大きな地図で見る

ADDRESS 富山県富山市東岩瀬町102
TEL 076-437-9674
OPEN 10:00-18:00
CLOSE 月曜日

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る