パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

こんな丸いの見たことない!?第42回「銅像評論会」

dpp_2722

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


やってきたのは、富山市の松川べり。

ここには、「松川べり彫刻公園 水と緑のプロムナード」という、なんでそんなところ作ったよ、って散歩道がある。

dpp_2665

あと、なんか「うるおい環境 とやま賞」というのも穫っているらしい。

この書体は一体なんだ。

dpp_2721

そんな松川べりですが、歩いていると非常にシンプルな銅像に出くわしました。

違和感ありまくり。

スポンサードリンク

dpp_2722

正面から見ると、圧倒的な○

むしろ、左の継ぎ目みたいなのは何?

特に、円の中をのぞけば素晴らしい景色が広がっているわけでもない。

dpp_2724

あと、横から見ると、中から木の枝がはみ出ていました。

なんか可愛い。

しかし、こんなシンプルな銅像のタイトルはなんなんでしょうか?

円とかですかね。

dpp_2723

『曼0』


まず読み方わからないよね。

もっとみんながわかるタイトルにしようよ。

絶対、よくわからない単語付けてこの人、知的アピールしたよ。


ということで評価は?

美しさ ☆☆☆
芸術度 ☆☆☆
タイトル
丸い度 ☆☆☆☆☆

曼の意味を調べたら、優美な、長い、とかいう意味でした。

次回もこうご期待!

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »