パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

柿が入ったカレーだと!? 南砺うまい干柿カレーを食べてみた

どうも、レトルトカレーマニアのサクラです。


わたしは富山県の様々なレトルトカレーを紹介していますが、未だにレトルトカレー会社から広告を依頼されたことはありません。

そうしてかれこれ3年くらいが過ぎようとしていますが、この前、富山駅前のお土産屋さんを見に行ったとき、マジであと3種類くらい食べたら富山県のレトルトカレーをコンプリートしちゃいそう。

そんなマニアのわたしが今回紹介するのは『南砺うまい干柿カレー』







干柿?


冬の寒い時期に集まっているダンゴムシみたいですが、干柿を使ったカレーなんてマジで南砺市にしかない。

カレーのトッピングに干しブドウがついているものがあることから、干柿の甘さもカレーに合うのでは?と思い試作したところ今回のカレーが出来たよう。

これは楽しみです!ほんとに美味しいのかよ。


中身を確認したところ、伝統の干し柿と特産の里芋を使用しているらしい。

あっ、さっきのダンゴムシみたいなのは里芋だったのか!

情弱のわたしは、てっきりアレが干柿の最終形態なのかと思ってた。


袋を触ってみると、干柿なのか里芋なのか具が入っています。

ちなみにこれはマメ知識なのですが、先ほどの原材料名は十両潤に並んでいます。

つまりこちらのカレーの中で一番多くは言っているのは「玉ねぎ」・・・そこは干柿ちゃうんかい!

さらに言えば、カレールーが3番目でした。


それでは、お湯であっためます。

いつもはただレトルトカレーを温めている写真なんて1枚くらいで済ましているのですが・・・。





なんか黒なった。




えっ、なにこれ、なんのドッキリ?

テレビがぶっ壊れたみたいになった。


テレビはぶっ壊れましたが、カレーはこの通り。

具は思ったより、これだけでした。

さて、干し柿の入ったカレーとはどのような味なのでしょうか?そもそも干柿すら食べたことあったっけな。

実食。


・・・ん?




全然、柿の味がしない。


想像以上に普通のカレーです。どれが干柿なのかもわからなかったし、たぶんドロドロにとけ込んでいるのだろう。

これが干柿!・・・と思いきやでっかい里芋でした。

ということで、想像を裏切られたカタチで干し柿の味はしませんでした。

しいて言えば、この後に引く甘みが干柿なのかもしれない。

ぜひ、気になる方は食べてみてください。

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »