パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

明治36年に富山県は消滅していたかも!? その理由とは

どうも、編集長のサクラです。


突然ですがみなさんは、富山県がなくなっていたかもしれないことをご存知だろうか?

突然すぎてよくわからないかもしれませんが、富山県が消滅していたかもしれないのです。

実は、それを証明する図が以下になります。


画像引用 「しらべぇ」より

これは明治36年に作成された道府県の再編案。

明治21年に1道3府43県と今の形になったのですが、その後に、再編する予定があったのです。

その理由は「交通機関発達の今日、府道区域の拡張を計る」という理由だそうだ。


富山県はというと・・・。

石川県に、いや・・・。




金沢県に合併されとるやないか!


しかし、なぜこの法案が通らなかったのでしょうか。

それは、改法しようとした同年に日露戦争が始まってしまい、それどころではなくなったと言われています。

なにはともあれ、今、富山県があるのにも歴史を感じますね。

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »