パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

北陸新幹線に乗って気付いた石川と富山の差別がこんなところまで!

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


みなさんは北陸新幹線に乗ったことがありますか?

まぁビジネスマンでもない限り、もっぱら私は車でどこかへ移動します。

しかし、たまには北陸新幹線乗ってみようと。

W7_series_set_W3_20150207

たまには、時速260kmを味わってみようよと。

ということで、今更ですけど、北陸新幹線がどんなもんか体験してきました。

スポンサードリンク

まず、やってきたのは、富山市。

DPP_2230

駅はすごく綺麗だけど、心なしか人は少ない気がします。

あと、新幹線に乗るとき、すでに人がそこそこいました。

これは、金沢の人たちなのでしょう。

DPP_2231

車内は、グランクラスとグリーン車と普通車があります。

庶民は0対100で普通車に乗ります。

仮に、グランクラスとか乗っている人がいたら、それは見栄を張っているか石油王のどちらかです。

DPP_2237

座席には、北陸のパンフレットがありました。

こうやって、北陸の人たちは、東京の人たちに観光アピールをしているわけですね。

DPP_2232

車内の飲食も充実しています。

私は、コーヒーと白エビせんべいを頼んだのですが、彼らの相性はブラジル人と日本人の国籍の違いくらい合いませんでした。

DPP_2233

さらに店内には、北陸のお土産なども売っていました。

なんて商売精神だ。

DPP_2234

そして、こちらがそのお土産なのです。

石川と富山のお土産がありますね。


・・・ん?

img1470478854156

6個中5個が、石川のお土産!


なにこの差別。

唯一の富山のお土産である「幸のこわけ」というネーミングに涙しました。

DPP_2236

ということで、2時間弱であっという間に東京に着きました。

では、これから歌舞伎町に行ってきます!

この記事の著者

dentyu

田んぼと睡眠をこよなく愛する大学生
あまりに好きすぎて、田んぼで寝てしまったことがあります。

べちゃべちゃになりました。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »