パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

県がついに動き出した!少子化を救え「とやまマリッジサポートセンター」

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


吉報です!ついに、富山県が婚活に動き出しました。

スポンサードリンク

なんと富山県が自ら動き出し、富山市本町の大同生命ビル7階に「とやまマリッジサポートセンター」を開設しました。

これはいわば、公的な結婚相談所。

年間の新規登録600人、成婚30組を目指し、富山県の少子化対策として始めたそうだ。

PAK86_nomimonoganarabutable500

県内の出生数は1972年の1万8975人がピークで、2013年は7722人。

県が「婚活」支援に乗り出すのは、未婚化や晩婚化が背景にある。


県はこれまでも男女のコミュニケーション能力向上を図る講座などに取り組んできた。

しかし、20~30代の未婚男女を対象にした調査では、未婚の理由は「適当な相手に巡り合わない」が52%で最多。

このため、より直接的な支援に乗り出した。


入会登録料は2年間1万円だそうだ。




メシ食ってる場合じゃねえっ!

ちょっくら、登録しに行ってきます。

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »