パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

CD発売決定!富山県を思い出すあの曲と歌「I became the wind」

スクリーンショット 2015-06-17 19.49.13

早いもので、北陸新幹線が開業してから早3ヶ月。

アレですね、なんていうかね、そう、こっわ。

どうも、お色気担当のサンソンです。

スポンサードリンク

一部の富山県民のみなさんは「北陸新幹線? なにそれ平安時代の話?」と思っている方もいるかもしれません。

しかし、北陸新幹線は開業して終わった話ではなく、開業がスタートなんです!

新幹線が当たり前!みたいな都会人ぶってません?


例えば、新幹線開業前に大ヒットしたこの動画を見てください。

あの時の熱い気持ち込み上げてきましたよね? ね?

これは富山県が作成した北陸新幹線PR動画「待ってたよ北陸新幹線 富山県ver」なんですけど、その挿入歌がまたいいですよね。


というのも、この動画が公開されてからすぐに

「誰が歌っているの?」

「透明感半端ねぇ。」

「お母さん・・・なんでそこに。」

など問い合わせが殺到し、本来商品化する予定でなかった挿入歌「I became the wind」が、この度2015年6月22日に待望のCDリリースされることになりました!

スクリーンショット 2015-06-17 23.26.23

歌うのは、富山県出身の実力派シンガー村井香織(村井香織オフィシャルHP)

そして、富山県の音楽制作会社スプラウト(http://www.sprout-sense.com/)がタッグを組み実現した楽曲です。

例えるならば、天使ですね。

透明感溢れる富山のガッキー!

いつもは大阪屋ショップと家を往復するだけの日々で、その、言いにくいのですが、アレです。

天使とは言いにくい人ばかりとすれ違っていたのですが、富山県にもガッキーのような天使がいたんだと再確認できました。


2015年6月22日発売する「I became the wind\村井香織」

iTunesや富山県内のCD取り扱い書店で、販売していますので、気になった方は村井香織オフィシャルHPをごらんください。

i-became-the-wind-cdjacket

この記事の著者

SANSON

SANSON

太平洋育ちが2011年に富山へ移住!
雨乞いならぬ日照り乞いを職業として常に富山の鉛色の空と戦っています。
富山の曇り空に暴言吐いている人を見かけたら間違いなくそれは私、サンソンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »