• 事務所のネコより
  • HOME
  • 事務所のネコより

こんにちは、はじめまして。

ぼくは、「富山の遊び場!」の事務所にいるネコなんだよね。


なんか、この事務所って静かで、ご主人様がだいたい寝てるから、一年前ぐらいから住んでるんだよね。

あまりにも暇だったから、ここに住みついている3匹のネズミたちと遊んでいるんだ。

DPP_3815

でも、ある日、突然、3匹とも人間にさらわれちゃったんだ!


さらわれたネズミの名前は、「ピノ」「リナ」そして「ポコ」。

みんないい奴だったんだけど、脳神経学者の人間に、実験材料として使われちゃったんだ。


一体、どんな実験をしたかって?

そりゃ、ひどい実験だったよ。


ピノは、灰色の箱に入れられた。

リナも箱に入れられたんだけど、こっちは、ブランコとか車輪とか、おもちゃがあったんだな。

実験の目的は、環境が脳に与える影響を調べるためだったらしい。

そしたら、どうなったと思う?


リナは、どんどん頭が良くなっていった。

ピノは、生きてるんだか、死んでるんだかわからないぐらい落ち込んでいた。

実際、ピノの方が早く死んじゃったんだよ。


リナは、人間だったら90歳という年齢まで長生きしたってっさ。

解剖したら、リナは、脳がずいぶん重かったらしい。

脳神経をつないでいくコネクターが、ピノと比較にならないぐらい多かったんだな。

DPP_3814

ピノはかわいそうだよ。

あんなつまらない人生だったら、そりゃ、早く死にたいよな。


あっ、そうそう。

ポコは、どうなったかって?


実は、ポコは透明な箱の中に入れられたんだな。

そして、リナが楽しそうに遊んでいるのを、ただ見ていたらしい。

つまり、見ているんだけど、遊べない。

そうしたら、ポコも早く死んじゃったんだな。

そして、頭もスカスカだったんだってさ。


人間ってひどいことをするよな。

だから、ぼくは、遊びまくって、楽しむことにしたんだ。

だって、この実験結果を見れば、明らかじゃないか?


確か、富山の遊び場!を作っているご主人様も

「富山県で楽しんでいない人は、もったいないなぁ。」

って言っていたな。


自分で楽しまず、見ているだけのポコも、結局、何もしない人間と同じってことかな?

DPP_3816

そういえば、ご主人様は、最近、一緒に記事を書いてくれる人を募集しているらしい。


1.ラーメン大好きな人

2.酒屋巡りというマニアックな趣味をお持ちの人

3.カフェとランチが生きがいの人

4.富山県のあらゆるパンを食い尽くしたい人

5.お祭り大好き野郎


また、条件もあって、

1.一眼レフを持っていて、2.お店の人と気軽に話し、3.記事を1週間に1回は書いてくれる人

だったと思う。


ぼくは、富山のいろんなところに行って、いっぱい楽しんで遊ぼうと思う。

そして、写真を撮ったり、思ったことを記事にして、たくさんの人に楽しんでほしいな。

ネコだけど、ご主人様が寝ている間に、頑張ってタイピングするにゃ。


ぼくと一緒に、記事を書いてくれる人は、下のフォームから連絡してほしいな。

もう、何もしない日常とは、おさらばにゃ!