パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

【求人】カナディアンホーム株式会社 ナチュリエ富山




超地元密着型求人サイト「ジョブざんまい富山」×超地元密着型おちゃらけサイト「富山の遊び場!」の連動企画【富山の会社紹介&求人】のお時間がやって参りました。





「ようこそ!我が家へ!」
ってこんなオシャレな部屋に人を招いて言ってみたいです。
このオシャレな家・空間を作ったのは、今回会社紹介&求人でご紹介させていただくカナディアンホーム株式会社 ナチュリエ富山さんです。
実際に働く方にお話を伺いました。



ジョブざんまい記者
「今日は宜しくお願いします。ショールーム見させていただきましたが、すごくオシャレで居心地も良いので、こんな家に住みたいと本気で思えるショールームでした。ナチュリエ富山では、現在何名の方が働いていますか?」








印牧さん
「ありがとうございます!ナチュリエ富山では、木のぬくもりを感じるナチュラル&アンティークな空間を提案し、お客様の人生に深く関わり、人生をより楽しく豊かにする家づくりをしています。現在の従業員数は10名です。決して多くはない人数ですが、結束力を高めてやっていこうと頑張っています。」



ジョブざんまい記者
「富山県内にも住宅関係の会社がいくつかありますが、ナチュリエ富山は他の会社とはここが違う!というものがあったら教えて下さい。」






印牧さん
「家づくりは、お客様の人生の中で最も大きな買い物となります。機能性に優れた家・快適な家を作るのは当たり前のことだと思っています。家の完成をゴールにせず、お客様の人生をより楽しくするのがナチュリエの目的なので、他社よりお客様との距離が近いのではないでしょうか。営業とお客様というよりも、家族に近い特別な関係だと思います。」






ジョブざんまい記者
「それだけお客様との関係が深くなるということは、お客様から信頼されてる証拠ですよね。お客様にとっては一生に一度の買い物になるであろう商品を売るっていうのは、すごく大変そうなイメージがあります。」



印牧さん
「大変さもちろんありますが、飛び込み営業はないんですよ。営業しなきゃ、契約しなきゃという思いを中心に仕事するのではなく、お客様がより良い人生を送れるような提案をしようという思いで仕事をしてほしいと思っています。」






ジョブざんまい記者
「確かにそういう考えの方が、営業成績ばかりを気にして仕事をするよりも、仕事の充実さが増えそうですね。他にもナチュリエ富山の魅力があったら教えてください。」



印牧さん
「ナチュリエ富山は、自分自身が主役になれる会社です。会社の駒のような小さな存在ではなく、自分が主体となって仕事が出来るところが魅力だと思います。やりがいの大きさは半端じゃないと思いますね。」



ジョブざんまい記者
「自分自身が大きな存在になれるのが、ナチュリエ富山なんですね。社内の雰囲気はどんな感じですか?」



印牧さん
「和気あいあいとしていると思いますよ。会社にいる時間、仕事をしている時間って長いじゃないですか。その長く過ごす場所の居心地を良くしようというのは、スタッフ全員で意識しています。居心地が悪い職場に長い時間いて、週末の休みだけを楽しみにするような会社にはしたくないという強い思いがありますね。」



ジョブざんまい記者
「実際にお邪魔させていただいて、男性社員の方も女性社員の方も、和気あいあいと仕事されている印象を受けました。では、最後にナチュリエ富山が求める人材を教えてください。」






印牧さん
「入社後に必要な資格を取得していただければと思っているので、入社時に必須な資格はありません。必要なのは“やる気”です。お客様が求めているものや、お客様の喜びを考えられるような人材を求めています。ナチュリエ富山はこれからもっと成長する会社です。一緒に頑張る仲間を募集しています。」

ジョブざんまい記者
「ありがとうございます!働くのも、家を建てるのも、ナチュリエ富山で間違いないですね!」





家づくりを通して沢山の感動を味わえるナチュリエ富山
人のために、自分のために、地域のために。ナチュリエ富山で働いてみませんか?

現場からは以上です。


【ジョブざんまい富山ページ】



富山でお金の悩みはこちら

お金が貯まらない人へ、わたしはこれで毎年3万円節約してます

ロボットを使ったほったらかし資産運用で利益が出てきました!

富山で副業したいなら在宅で月収1〜2万円は簡単に稼げます


富山で人生を考えよう

内定がない不安な大学生は今すぐ東京で就活するべき!

転職したいなら富山のニーズや収入、実際の生活を調べてみた

富山移住で体験者が語る失敗しないためのメリット・デメリット

この記事の著者

SANSON

SANSON

太平洋育ちが2011年に富山へ移住!
雨乞いならぬ日照り乞いを職業として常に富山の鉛色の空と戦っています。
富山の曇り空に暴言吐いている人を見かけたら間違いなくそれは私、サンソンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る