パートナー枠

フェイスブック

パートナー枠



【求人】サクラパックス株式会社




超地元密着型求人サイト「ジョブざんまい富山」×超地元密着型おちゃらけサイト「富山の遊び場!」の連動企画【富山の会社紹介&求人】のお時間がやって参りました。


みなさんの家にダンボールはありますか?
みかんの入っていたダンボールでしょうか?はたまたネット注文した時に商品が入っていたダンボールでしょうか?





ダンボールは、「物を包み、守り、運ぶ」という私たちの生活の中で必要不可欠と言っても過言ではない存在ですよね。
今回ご紹介するのは、パッケージの可能性と進化を追求している会社をご紹介します。





1947年創業のダンボール生産の一貫メーカーとして、また包装・流通に関する幅広いニーズに応えるトータルパッケージメーカーとして、富山・石川・新潟を中心に地域産業として発展してきた「サクラパックス株式会社」

富山市に本社を構え、新潟事業所・石川事業所・高岡工場があり、総従業員220名の各種包装資材の製造・販売・サービスを行っている会社です。





パッケージの可能性…気になりますよね。働いている方にお話を伺いたいと思います。



ジョブざんまい記者
「今日はお忙しい中、取材させていただきありがとうございます。ダンボール、パッケージの可能性など色々教えてください!」



「こちらこそ、よろしくおねがいします。サクラパックスでは、パッケージには、運ぶ・守るとともに“伝える”という重要な役割があると考えています。製品に込められた作り手の想いまでを運び、守り、伝えるためのパッケージをサクラパックスは目指しています。」






ジョブざんまい記者
「ただ包装箱を作っているのではなく、受け取る側と作り手側のことを考えたパッケージなんですね。ダンボールって無機質な物という印象があったので、こんなに温かな想いが込められているとは思っていませんでした。他にもサクラパックスの魅力を教えてください。」



「サクラパックスは、パッケージはハートだと考えています。それぞれの製品の込められた作り手のハートを伝えるために、どんなニーズにも応えうる柔軟性と独自性を持っているのが魅力です。」



ジョブざんまい記者
「オーダーメイドなども受けているんですか?」






「はい。当社は自社内に製版・デザインができる企画開発部門を擁しています。この体制により制作や修正の迅速な対応が可能となっています。機械では対応できない複雑な仕様のパッケージも、ハンドメイド部門で対応しています。形状や強度、デザイン、流通・保管コスト、環境対応など、パッケージに求められるものは幅広くさまざまですが、当社は日本海側随一の製造設備・ライン、および管理体制を整えて、考え出されたものを具現化できるという強い魅力があります。」



ジョブざんまい記者
「製造ラインの各工程に最新の製造設備が導入されているんですね。ダンボール以外の商品も製造されているんですか?」



「ダンボールにとどまらず、各種パッケージ関連商品も幅広く取り扱っています。またパッケージの新しい可能性を求め続けていて、強度と軽さを持ちつつ用途の幅広さやコストパフォーマンスんにも優れた新時代のパッケージ、プラスチックダンボールも製造しています。」






ジョブざんまい記者
「サクラパックスに作れないパッケージはない、不可能はないのではないかと感じてきました。どんな人材を求めていますか?」



「何事にも失敗を恐れず、チャレンジ精神旺盛な人を求めています。積極的かつ堅実に事業展開を進め、信用と競争力・個性を持った企業として、地域にあって存在感のある会社を目指しています。サクラパックスにとって“挑戦すること”は最重要テーマであると考えています。」



ジョブざんまい記者
「ありがとうございます!想いと可能性を秘めたパッケージがサクラパックスにはあるのだと知ることが出来ました。」





パッケージを通して、一人ひとりが自分を磨き、何事にも積極的に挑戦し柔軟に対応する明るく活力のある会社サクラパックス。
一緒に挑戦してみませんか?





現場からは以上です。


ジョブざんまい富山ページ



富山でお金の悩みはこちら

お金が貯まらない人へ、わたしはこれで毎年3万円節約してます

ロボットを使ったほったらかし資産運用で利益が出てきました!

富山で副業したいなら在宅で月収1〜2万円は簡単に稼げます


富山で人生を考えよう

内定がない不安な大学生は今すぐ東京で就活するべき!

転職したいなら富山のニーズや収入、実際の生活を調べてみた

富山移住で体験者が語る失敗しないためのメリット・デメリット

この記事の著者

SANSON

SANSON

太平洋育ちが2011年に富山へ移住!
雨乞いならぬ日照り乞いを職業として常に富山の鉛色の空と戦っています。
富山の曇り空に暴言吐いている人を見かけたら間違いなくそれは私、サンソンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る