パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

【求人】山岡石材工業株式会社




超地元密着型求人サイト「ジョブざんまい富山」×超地元密着型おちゃらけサイト「富山の遊び場!」の連動企画【富山の会社紹介&求人】のお時間がやって参りました。


突然ですが、皆さんお墓参りしていますか?お彼岸やお盆などは行く方も多いのではないでしょうか。
ご先祖様や大切な家族への思いを形にした「お墓」を取り扱う会社をご紹介します。





富山県内10カ所、石川県3カ所に営業所を構えている「山岡石材工業株式会社」
富山県民なら、「山岡石材店」の看板やCMを見たことがある人も多いはず!

今回は、高岡市福岡町にある本社工場・本店営業部にお邪魔させていただきました。

創業80年以上になり、そして北陸の墓石業界トップクラスNo.1の山岡石材工業株式会社で働く方にインタビューしてきました!



従業員数125名が在籍する山岡石材工業株式会社の山岡社長です。



ジョブざんまい記者
「今日は宜しくお願いします。山岡石材が北陸の墓石業界トップクラスNo.1になれた理由を知りたいです!」



山岡社長
「材質と丈夫な設計、石の品質の良さ、高い加工技術、万全のアフターフォローがお客様に愛されている理由の1つなのではないでしょうか。墓石等石製品の製造・販売は景気に流されない業界です。創業80年以上かけてお客様から信頼をいただき、じっくり事業を拡大してきました。もう一つの魅力としては、下請け業者を一切使用せず、100%自社職人による施工を行なっています。」






ジョブざんまい記者
「製造から施工、お客様担当営業まで全て山岡石材の社員さんが行なっている訳ですね。部署はどんなものがありますか?」



山岡社長
「営業職,、技術職(石材加工施工、設計、品質管理)等があります。工場での石材加工や施工を行う現場の仕事を通して、石の知識や技術を学び、営業職や設計などステップアップしていく流れになっています。100年持つお墓を商品と扱っているので、営業職は利益を求めて1人1人意識が高く情熱を持った社員が多いですね。時には利益を求めたり、繁忙期の忙しさなど、厳しさもある仕事ですが、福利厚生を充実させて社員が働きやすい環境を作っています。」



ジョブざんまい記者
「福利厚生の面では、どんなものがあるのですか?」



山岡社長
「例えば、18歳未満のお子さんがいらっしゃる社員に子ども手当を会社から支給したり、不妊治療支援制度や生活支援制度の導入などをしています。山岡石材工業株式会社の理念は、社員は家族として考え、社員の家族も大切にしようというものがあります。家族を大事に出来る人は、お客様や社内の仲間を大切に出来ると思っています。」



ジョブざんまい記者
「すでに結婚されている方も、今から結婚して家庭を持つ方にとっては非常に嬉しい制度ですね。社員だけでなく社員の家族も大切にしたいという思いが伝わってきました。この仕事をする上で、やりがいを感じる瞬間ってどんな時ですか?」



山岡社長
「お墓は家族を偲び、先祖の人格に触れる特別な場所ですから、作り上げてお渡しした時に喜んで安心してもらえた時はやりがいを感じます。」






ジョブざんまい記者
「お墓を扱っているからこそ、感じられる大きな喜びがあるんですね。ありがとうございました!」



総務部課長 栗原さんと施工部部長 多田さんにお話を伺いました。



ジョブざんまい記者
「山岡石材の魅力をもっと知りたいです!教えてください!」



多田さん
「コスト削減のために大型機械を先駆けて導入したりと、新しいことに挑戦し続けている魅力ある会社ですね。景気に左右されない業界なので、今後も需要がある仕事だと思います。」






栗原さん
「現場では若い方も多く、意見交換もされていて風通しの良い職場だと思います。また、社員を家族のように思ってくれる会社なので、自分自身も家族の為に頑張って働こうと思える会社ですね。春・秋のお彼岸や夏のお盆時期の前は繁忙期でどうしても忙しくなるのですが、冬の閑散期に有休消化を使ってもらえるよう働きかけています。」






ジョブざんまい記者
「ありがとうございます!どんな仕事も厳しさは必ず存在するとは思いますが、それを補うように福利厚生の充実さや、職場のアットホームさを感じ取れました!」





景気に左右されない業界であるからこそ技術力を高め続けていく山岡石材工業株式会社
歴史と実績のある会社で、挑戦してみませんか?


現場からは以上です。


【ジョブざんまい富山ページ】


おすすめ記事
お金が貯まらない人へ、わたしはこれで毎年3万円節約してます

ロボットを使ったほったらかし資産運用で利益が出てきました!

【富山で副業】在宅で月収1〜2万円なら主婦でも簡単に稼げます

この記事の著者

SANSON

SANSON

太平洋育ちが2011年に富山へ移住!
雨乞いならぬ日照り乞いを職業として常に富山の鉛色の空と戦っています。
富山の曇り空に暴言吐いている人を見かけたら間違いなくそれは私、サンソンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る