パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

【求人】有限会社丸善交通

超地元密着型求人サイト「ジョブざんまい富山」×超地元密着型おちゃらけサイト「富山の遊び場!」の連動企画【富山の会社紹介&求人】のお時間がやって参りました。





今日は、ご当地ゆるキャラ「ジャンボ~ル3世」の幅の利かせっぷりが凄い富山市入善町に来ています。
入善は、どこもかしこもジャンボ~ル3世の領地のようです。





昭和43年に創業し、観光客や地元民、そしてジャンボール3世に愛されているタクシー会社『丸善交通』さんを今回はご紹介していきます。
今まで知らなかったタクシーの運転手側の世界を見てみましょう~!

丸善交通は、目的地まで送り届ける従来型のサービスの他に、経験豊かな乗務員が入善観光コースを案内するという観光タクシーサービスというものがあります。





そして、今1番力を入れているのが介護タクシーです。丸善交通には車イス対応可能な車両もあり、自宅から病院までの送迎等を行っています。丸善交通では、介護ヘルパーなどの資格保有者3名がドライバーさんの中にいるそうです。これは利用する方にとっては安心感が違いますね~。





車イスのまま乗車可能なピッカピカの新車を見せていただきました。乗り心地快適そうですね。高齢化社会なので、安心安全に利用できる介護タクシーの需要は高そうですね!





9名乗車可能なジャンボタクシーもあり、少人数旅行や、結婚式の家族の送迎に利用されているそうです。実際に、東京や山形への旅行で利用しているお客様もいらっしゃいます。確かに旅先での乗り換えやタクシーを捉まえるのは、旅行人数が多いほど難しい場合がありますもんね。乗り換えを間違えて険悪なムードになったり、誰かが次の行き先を間違えて合流できなかったり…思い出すだけで大人数旅行失敗あるあるが沢山でてきます。でも貸切のジャンボタクシーなら観光名所から宿泊先まで安心して乗れます。





こちらが、丸善交通3代目となる野田社長です。優しそうな笑顔が印象的な現役タクシードライバーです。さっそくお話を伺ってみましょう。





ジョブざんまい記者
「今日は宜しくお願いします。目的地まで送迎するだけでなく、色々な利用方法があるタクシー会社だという印象を受けました。丸善交通さんは現在従業員数は何名でやっているのですか?」



野田社長
「観光客や出張で来られた方だけでなく、地域の方にも色々な場面で利用していただけるよう地域密着型のタクシー会社を目指しています。現在は、40代~70代の13名の従業員が活躍しています。」



ジョブざんまい記者
「地域の方、特に高齢者の方には嬉しいサービスですよね。野田社長が思うタクシードライバーの魅力とは何でしょうか?」



野田社長
「この仕事の魅力は、お客様と接する上中で直に感謝の気持ちを受け取れるということでしょうか。地元の利用者の方に顔と声を覚えてもらえるのは大変嬉しいことです。」






ジョブざんまい記者
「事務所にアルコールチェッカーがありましが、これは出勤時毎回するのでしょうか?」








野田社長
「こうやってストローから息を吹きかけるとアルコール数値が検出されます。出勤時と退勤時に必ず行っています。お客様を安心安全に目的地までお送りするのが私達の仕事なので、アルコールや体調管理等は徹底しています。」



ジョブざんまい記者
「社長自ら実践していただきありがとうございました!ちなみに社長のアルコール数値はゼロでした。丸善交通さんの求める人材を教えてください。」




野田社長
「人が好きな方、人と会話がするのが好きな方を求めています。そして行動力や意欲のある方に是非求人応募していただきたいです。介護タクシー分野は、更に進む高齢化社会に向けて需要が増える仕事ですので、一緒にやっていく仲間を募集しています。タクシードライバーに必要な普通二種免許取得を会社が完全バックアップ(条件あり)します。男性ドライバーだけでなく、女性ドライバーも活躍中ですので、男女問わず募集しています。」



ジョブざんまい記者
「女性ドライバーがいるんですか?是非会ってみたい!」





ということで、丸善交通で女性ドライバーとして活躍する大橋さんにお話を伺ってみました。



ジョブざんまい記者
「大橋さん!是非お話聞かせてください〜!」








大橋さん
「私なんかでよければ!」



ジョブざんまい記者
「ノリノリで最高な大橋さんですが、タクシードライバーになろうとしたきっかけを教えてください。」



大橋さん
「実は、野田社長と同級生なんですよ。前職は全く違う仕事をしていたのですが、社長から求人の話などを聞いているうちに、あれよあれよという間にタクシードライバーになりました。早い話が引き抜きですね。」



ジョブざんまい記者
「野田社長が大橋さんを引き抜いた気持ち分かる気がします。大橋さんの運転するタクシー絶対楽しそう!」



大橋さん
「初めてのお客様にはクールにしていますよ笑 いきなりテンション高めにいったら引かれる可能性高いじゃないですか。でも地域の方に顔を覚えてもらったら、私の運転中に少しでも笑ってほしい喜んでもらいたいという気持ちを込めて接客しています。」








ジョブざんまい記者
「ご高齢の方のファンも絶対多いですよね。大橋さんが思う丸善交通の魅力って何でしょうか?」




大橋さん
「自分らしくいられる働きやすい会社です。お客様から丸善交通は安心できるってお言葉をいただくことが多いのですが、そうやって感じさせることが出来る温かいドライバーが多いのだと思います。あとは仕事を始める前までは、お客様に怒られるっていう不安があったのですが、お客様が親切で驚きました。親切なお客様のおかげもあり、安心して仕事が出来ます。」



ジョブざんまい記者
「ありがとうございます!今回取材させていただいて、丸善交通さんの魅力や働きやすさを感じることが出来ました。」


お客様を安心・安全に目的地まで送迎する。
地域密着を目指した温かい接客が丸善交通にはありました。






とにかくジャンボ〜ル3世のPRが半端ない。

現場からは以上です。



富山でお金の悩みはこちら

お金が貯まらない人へ、わたしはこれで毎年3万円節約してます

ロボットを使ったほったらかし資産運用で利益が出てきました!

富山で副業したいなら在宅で月収1〜2万円は簡単に稼げます


富山で人生を考えよう

内定がない不安な大学生は今すぐ東京で就活するべき!

転職したいなら富山のニーズや収入、実際の生活を調べてみた

富山移住で体験者が語る失敗しないためのメリット・デメリット

この記事の著者

SANSON

SANSON

太平洋育ちが2011年に富山へ移住!
雨乞いならぬ日照り乞いを職業として常に富山の鉛色の空と戦っています。
富山の曇り空に暴言吐いている人を見かけたら間違いなくそれは私、サンソンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る