高岡市でドライブデートをするなら「二上山万葉ライン」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


富山県民なら誰しもがドライブをデートの一つに取り込むはず。

そうして、運転してくれる彼にキュン。

助手席から飲み物を渡してくれる彼女にキュン。

スポンサードリンク

そして、車内でチュッ。

・・・。


なんだこのシチュエーションは。

DPP_2932

腹の立つシチュエーションは置いておいて、

今回は、高岡市にある「二上山万葉ライン」に車で行きたいと思います。


まず、最初に出くわしたのが、鉢伏山展望台

そう。

ここ、二上山万葉ラインは、まさに展望台地獄なのだ。

DPP_2931

まずは、パネルで二上山について勉強する。


二上山は、東峰と西峰を2柱の神に見立て、「二神山」と呼んだのが語源なんだね。

山を神に見立てるって、昔の人は、本当に、その・・・アレですね。


てか、ここって二つの山を合わせて二上山って言うんやな。

DPP_2933

さて、そんな二上山の1つである鉢伏山の景色を見ていると

めっちゃ子どもがこっちを見ています。

しかも、なんかアイスをぺろぺろしながら。


ぼくは、無表情のままカメラのシャッターをきりました。

景色より子どもが気になる。

DPP_2934

つづいて、ここには平和の鐘なるものがあるのだが

こちらについても写真を撮ろうとしたら

・・・。

めっちゃ子どもがこっちを見とる。


まるで不審者を見ているかのような目つき。


誰が不審者や!

DPP_2935

子どもをあとに、ドライブは続きます。


ドライブをしながら、右手を見ると、海がめっちゃ綺麗でした。

あれは能登半島だね。


ドライブしながら景色を見ると、事故りそうになるので、気をつけましょう。

DPP_2936

次にエンカウントしたのは、ボロボロの展望台。


なんだここは。

やる気あんのか!?


まぁ、でも、登ってあげないこともないんだかんね!

DPP_2937

それで、このボロボロの展望台から見た景色がこちら。


なんか木が多くて、微妙でした。

そして、錆びれる理由もわかった気がします。


もっと、努力して身長伸ばしな!

DPP_2950

そして、ようやく二上山の頂上付近にやってきました。


そこには、なんと大伴家持の銅像があるという。

ほんと高岡市は銅像が好きだなぁ。

DPP_2939

こちらが大伴家持さん。


顔が真っ青やないか!


体も真っ青です。

病気でしょうか?


でも、なんか態度がでかかったので、妙に腹が立ちました。

DPP_2951

そんな二上山頂上付近には、なんと二上山万葉植物園がありました。


さっきのボロボロの展望台の件もあり、

看板が少々ボロボロなので、ちょっと心配です。


まぁ、でも、行ってあげないこともないんだかんね!

DPP_2941

はい。

想像通りの景色です。


だって、まだ冬だからね!


花の説明が書いてある看板たちだけは、一丁前に立っています。

DPP_2940

そして、こちらが二上山万葉植物園から見た景色。


まぁまぁ良いですね。

しかも、本来の仕事は、植物園なので、景色は二の次でしょう。


ただ、植物がない今は、景色が二の次ではダメだろ。

DPP_2943

最後に、二上山の西側の山である城山にやってきました。


何やらおばちゃんたちもハイキング気分で、スキップしています。

ただ、おばちゃんのスキップって、足がグキッってなりそうでヒヤヒヤします。


こちらの景色については、高岡市の歴史と絶景がここにある「二上山」の別途の記事があります。

DPP_2944

そして、こちらが城山から見た高岡市街の景色。


おぉ。

まるで家がゴミのようですね。


今までの中で一番綺麗に遠くまで見えます。

パッと見る限り、高岡って全然ビルがないんですね。

DPP_2730

また、ここは日本夜景100選にも入っているので、夜はロマンチックにドライブデートができます。


そして、車内であんなことやこんなことを・・・。




こんちくしょー!


大きな地図で見る

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る