フランス人はなぜ優雅に過ごすのか?彼らから学ぶ仕事の話

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


富山県というのは、どうもヨーロッパ憧れというか北欧を目指しているところがあります。

スポンサードリンク

それは、北欧と少し気候が似ているからということなんですけど。

富山駅前に自転車やセントレアルがあるのも、ヨーロッパから来ています。

ELL85_rondonnomachinami500

そんな富山ですが、仕事面で真面目だという県民性が・・・。




これは、ダメですねぇ。

ヨーロッパ人は、優雅に毎日を過ごしているというのに。

やっぱり心からヨーロッパ人にならないと、県もオシャレにならないよ。


ということで、そんなオシャレの代表であるフランスを例に検討してみましょう。

N853_hamusuteddokaiga500

まずは、ランチですが、フランス人は本当に長い時間をかけてお昼ご飯を食べます。

日本では昼休みの1時間に社外へ行き、

30分でご飯を食べてすぐに仕事に戻る、なんてのが常識ですよね?


ところがフランス人は昼休みに2時間も使い

同僚たちと雑談をしながらカフェでランチするのが普通です。


フランス人にとって、ご飯はただ食べるものではなく、

他の人とおしゃべりしながらリラックスするのが目的。


仕事をするために急いでご飯を食べるなんて、全くのナンセンスです。

D157_winchikhuruitatemono500

そして、労働時間はというと

日本での労働時間平均は朝9時から休憩を挟んで夕方6時まで。

週に換算して約40時間が平均労働時間といわれています。


フランスはというと、仕事の開始は大体朝の8時ごろ、それで退社は夕方の5時。

昼休みを長く取るとはいえ、平均労働時間は週35時間となっています。


まぁ、あんまり変わりませんが、実は大きく違うところがあります。


それは、残業


実はフランスでは、「週に35時間以上働いてはいけない」という法律があり、これを完全に遵守しています。

ところが日本はというと、時間外労働だサービス残業で、実質は週70時間を超える労働が普通です。


ふざけんな!!!

N745_monsanmissyeru500

さらに、日本とフランスの大きな違いは、有給休暇の日数です。


日本でもらえる有給の日数は大体年に最低10日とされているようです。

しかしこれも全部消化する、という人は少ないですよね。


ところがフランスでの有給は、実に35日以上。

しかもフランス人はそのほとんどを確実に消化しているのです。


35日といえば、大体1ヶ月ですよ。

こうなれば社会人になっても夏休みがあるようなもの。


だからフランス人は、仕事をせずに優雅な暮らしをしているのです。

SUN71_kaigainodaigaku1031500

この記事を見て、みなさんがいかに労働しているかがわかったでしょう。


ぜひ、富山県民のみなさんは、今から仕事をするのをやめて

家族と過ごす時間にもっと時間を割いてはいかがでしょうか?


そして、仕事人間にならずに、優雅に過ごす県民性を育てていきましょう。

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る