魚津のカフェランチはここ!ご城下の台所「藤吉(とうきち)」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


魚津市の中央通り商店街にやってきました。

スポンサードリンク

商店街といえば、様々なお店で賑わっていたのも盛者必衰の理。

今となっては、シャッター街化しているところが多い。


しかし、そんな中、地域活性化とともにオシャレなお店を出す人もいる。

DPP_2874

そのお店が、魚津ご城下の台所「藤吉(とうきち)」


藤吉は、惣菜テイクアウトや食材・調味料の販売も行っているのですが

魚津の美味しい食材が食べられるらしいのです。

DPP_2877

店内に入ると、壁にたくさんのサインがありました。


おぉ、すごい人気店だ。

ぼくも、いつサインをせがまれても良いように書く練習だけは毎日欠かさず行っている。

藤吉さん、いつでもせがんでいいんですよ?


ただ、未だにせがまれたことはありません。

DPP_2878

また、店内の一角には、グリーン&ナチュラル雑貨「10iro(トイロ)」が。

どうやら、店内の植物は、10iroさんのものみたいですね。

ステマやないか。


そんな10iroですが、コンセプトは「グリーンもひともシアワセも10人10色」

何を隠そう、ぼくはシアワセを探しに「10iro」に行ったことがあります。

DPP_2884

そして、こちらがご飯を食べるところです。




オシャレすぎるやないか!


なんだここは。

座敷と椅子と二つのスペースがあるみたいで、

1人で座敷に座るのもアレなんで、椅子のスペースに行きました。

DPP_2880

しかし、奥行きが凄いね。


ウッドデザインに、ナチュラルな洋楽を流して、ところどころにグリーン。

いいですねー。

いいよここ!


ぼくの中で、かなりの高得点です。

DPP_2881

ランチメニューは五種類から選べ、

一番、魚津っぽい「ブリ大根定食」にしました。

まぁ、ただ魚介ってだけで、魚津っぽいとしました。


いやー、こんな大量のブリ大根を見たのは初めてです。

あと、ブリの方が圧倒的に多い。


ぼくの実家では、大根の方が圧倒的に多かったのでビックリです。

DPP_2882

ごはんを食べようとしたとき、座敷の方へ女性5人がやってきました。


・・・。


あぶねぇー。

危うく、たくさんのリア充女子軍団の横で、1人でブリ大根を食ってる人になるところでした。

「なに、あの人、1人でブリ大根食べてる。ちょーウケるんですけど!」


座敷に座っていたら、きっと、こそこそこう言われていたに違いない。

もし、そうなっていたのなら、こそこそしている間に、ぼくは5回は死んでいたでしょう。

DPP_2883

食後は、相変わらずコーヒーです。

ここはカフェとしても利用できます。

また、砂糖ではなくテンサイが置いてあり、さすがだと思いました。


ぼくが天才だから、オーナーが気をきかせてくれたんだね。


テンサイは、英語ではビートと呼ばれており、あの「ビートたけし」の名前にもなっています。

ビートたけし=テンサイたけし=天才たけし


芸人の名前の由来って、なかなか面白かったり、ダサかったりもしますね。

DPP_2875

続いて、食品販売コーナーにやってきました。


相変わらず、置いてあるのはオシャレで美味そうな健康そうな食材ばかり。

どうやら、ここのスタッフの人達が気にいったモノを並べているみたいだ。


自分の気にいったモノだけを売るって、なかなかできないよね。

DPP_2876

それで、惣菜も売っていました。


ぼくは1人暮らしをしているので、毎日でも惣菜を買いたいところですが

遠いわ。


ただ、惣菜の器に入れるとオシャレさが半減しますね。

DPP_2885

ちなみに、駐車場はお店の後ろにあり、5台くらいは置けます。

駐車場は狭いので、少人数で来た方がいいかもしれませんね。

DPP_2879

なにはともあれ、料理も美味いし、店内はオシャレだし。


ここは、サクラさんがぜひお勧めしたいお店ですね。

気になっている方も多いでしょうが、サインはせがまれませんでした。


大きな地図で見る

ADDRESS 富山県魚津市中央通2-8-8
TEL 0765-32-4249
OPEN 月: 10:00 – 20:00 水~木: 10:00 – 20:00 金~日: 10:00 – 21:00
CLOSE 火曜日

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る