3月1日に滑川でホタルイカ漁解禁!

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


富山湾の春の風物詩、ホタルイカ漁が3月1日に解禁されました。

滑川市高塚の滑川漁港では835キロが水揚げされ、地元の漁業関係者は「初日としては上々の出来」と顔をほころばせた。

スポンサードリンク

午前4時前、滑川春網定置漁業組合(萩原金吉組合長)の親船と子船計6隻が同漁港を出港。

沖合1・5~2キロに仕掛けた定置網に向かった。

DPP_0462

漁師が機敏な動きで網を引くと、ホタルイカが青く幻想的な光を放る。

水揚げされたホタルイカは体長7センチ前後。同漁港荷さばき場に運ばれ、県内の業者に1キロ当たり2300円~2800円で落札された。


同漁港では昨年、初日に342キロが揚がり、序盤は豊漁に沸いたが、年間漁獲量は663・2トンと平年並みに落ち着いた。

萩原組合長は「湾内のホタルイカはことしも出足が早いようだ。今後の漁に期待していきたい」と述べた。

漁は例年4月から5月上旬にかけて最盛期を迎え、6月まで続く。

滑川沖の定置網は現在6カ所に設置しており、3月中に11カ所まで増やす。

引用 「北日本新聞」

これから「ほたるいかの身投げ」も始まるし、みんなもほたるいかをたくさん捕まえて、売りさばいて金儲けしましょう。

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る