立山連峰の山小屋を舞台にした映画「春を背負って」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


立山連峰の山小屋を舞台にした木村大作監督の映画「春を背負って」の試写会が21日、富山市のTOHOシネマズファボーレ富山と、高岡市のTOHOシネマズ高岡で開かれました。

スポンサードリンク

6月14日の全国公開に先立ち、ファンやロケに協力した関係者ら約420人が、大自然の中で繰り広げられる人間ドラマを観賞したみたいだ。

img_1068126_32018298_0

試写会は東宝が企画した。

木村監督自身が全国47都道府県を訪ね、映画をPRする試写会キャンペーンの初回で、一般公開は初めて。

TOHOシネマズファボーレ富山では、木村監督が上映前に観客一人一人に名刺を配り、トークショーで


「ほとんどのシーンを富山県内で撮った。皆さんの知っている風景がたくさん出てくる。ぜひこの映画を応援してほしい」

と呼び掛けた。TOHOシネマズ高岡でもトークを披露した。


標高3000メートルを舞台にした心温まる“家族”の物語は、観客の感動を誘った。

舟橋村海老江のパート、宮田希さん(26)は「雄大な景色が印象的だった。

優しい気持ちになり、自分の居場所について考えさせられた」と話した。


映画は作家の笹本稜平さんの同名小説が原作。父の死をきっかけに、東京での仕事を辞めて山小屋を継いだ主人公の長嶺亨が、人生の居場所を求めて山小屋に集まった人たちと触れ合い、力強く生きる姿を描く。

亨を松山ケンイチさんが演じたほか、蒼井優さん、豊川悦司さんらが出演している。


撮影は昨年4月に始まり、県内最高峰の大汝(おおなんじ)山(3015メートル)など立山一帯で延べ60日間のロケを行った。

木村監督は22日、映画のステッカーを張ったマイカーで県庁を出発し、全国キャンペーンに向かう。

製作委員会は東宝、フジテレビ、ホリプロ、北日本新聞社でつくる。

引用 「北日本新聞」

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る