利賀のそば打ち体験!その名も「ごっつお館」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


いやぁー冬ですね。

寒すぎて、死にそうです。

スポンサードリンク

死んでいないのが不思議でしょうがありません。


南砺市の利賀で、ぼくはなぜ上半身裸なのでしょうか?

P1000946

なぜ上半身裸なのかは、謎のままですが

「冬」といったら「雪」

「雪」といったら「粉」

「粉」といったら「そば粉」


てことで、そばを打ち体験に行きました。

やったぜっ!!!

P1000951

利賀は、そばが非常に有名らしく。

日本初のそば資料館美味しいそばのお店と盛りだくさん。

そんなところにそば打ち体験のできるそば屋がある。


その名も「ごっつお館」




・・・もう、びっくりなネーミングですね。

すごいガタイの良いおかんがいそうです。

go1

ぼくはカメラ係で、アホヅラの友人たちがそばを作ってくれます。

早速、まず、そば粉を均一な大きさにします。

まるで、雪みたいに綺麗です。


あと、どうでもいいですが、エプロンが可愛いですねぇ。

go2

そして、こねます。

ピンクのエプロンは、高得点です。

そして、この手つき。


一見、ちゃんとしているように見えますが

目の前にそばのことなどまったく何も考えず、

始終、ものすごく卑猥なことだけを考えてコネています。




師匠の見守る中、ぼくは、黙々と友人のアホヅラを撮影します。

go3

1人の力では、コネ力が足りません。

なので、みんなでコネることに。


この時点で、相当汚いです。

ゴミのような蕎麦です。




コネる人がゴミだからでしょうか?

go4

なんとか師匠の手を借りて、綺麗な丸い蕎麦が完成しました。


なんと綺麗に修復してくれたのでしょう。

劇的ビフォーアフターの匠を見ているようです。




きっと、友人たちの比べ、師匠の心は相当綺麗なのでしょう。

P1000965

そんな師匠の作ってくれた蕎麦ボールを友人が伸ばしました。




・・・すぐ汚くなりました。


マジか・・・。

その間、わずか0.1秒。


師匠のピュアな想いを返せ!!

P1000966

ちなみに、こちらが師匠の作品。


もう、作品といってもふさわしい綺麗な形状です。

友人たちは、よほど師匠の作った蕎麦を汚くするのが好きなようです。

鬼畜です。

こんな鬼畜な友人たちをもったぼくはこれからどうしたらいいのでしょうか?


ぼくの作ったクマのぬいぐるみも一瞬でゴミにしてしまうでしょう。

go6

蕎麦を折りたたんで、切る段階に入りました。

友人たちも綺麗な形状の蕎麦を見ると、どこかつまらなそうです。


汚い形状の時は、あんだけ笑っていたのに。




どうか、蕎麦じゃなくて、自分の腕を切るというアクロバティックな発想をしないように祈ります。

P1000983

ごつい包丁を下に振り下ろし、淡々と蕎麦を切る友人たち。

師匠にもようやく笑みがこぼれ始めました。


いよいよ蕎麦が食べれそうです!

ぼく  「これは楽しみですね。」

友人A  「わるいなぁ、のび太。これは三人前なんだ。」

友人B  「お前のは、ね・え・よ。」


ぼく  「しずかちゃんがいないだろ。メスが。」

go7

さて、ゆでた僕たちのそばをいただきましょう!

いただきまーす!!!




・・・


全員「・・・固い。」


まぁ、でも自分たちで作ったので、とってもおいしかったよ!

しかも、五名で3,150円ととっても安い。

ぜひ団体で行こう!

日本初のそば資料館美味しいそばのお店の記事もぜひ見ていってください。


大きな地図で見る

ADDRESS 富山県南砺市利賀村坂上1193
TEL 0763-68-2035
OPEN 10:30-夕方
CLOSE 水曜日

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る