子どもが喜ぶ!飛行機を見に行こう「富山きときと空港」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


空の港と書いて、「空港」

そこには、海外や国内と、遠くへすぐ行ける飛行機があり、すぐにでもどこかへ飛んで行ける。

だが、しかしである。

「空港」とは、ただ飛行機に乗るだけのところなのだろうか?


否。


空港は、それだけではない。

DPP_2732

本日は、「富山きときと空港」にやってきました。


一体、どこらへんが「きときと」なのか教えてほしいです。


実は、この富山きときと空港は、自社のホームページでデートプランも作ってしまうほどデートにもってこいの場所なのである!

スポンサードリンク

三度の飯より、疑うことが大好きなぼくがデート擬似体験をしたいと思います。

ちなみに、駐車場は無料です。

DPP_2733

まずは、空港の正面になぞの銅像があったので確認して見ることに。


さすがに、富山の空港だから、何か富山らしい、そして、空港らしいものなのだろう。


ただ、こいつは何をしているんだろう。

いったんもめんをすこぶる振り回すネコ娘にしか見えないが・・・。

DPP_2734

タイトル・・・布と遊ぶ




いやいやいやいやいやいや。


なんだよそれ。

布で無邪気に遊ぶって、平安時代の人かよ。

富山も空港も関係なくなっちゃてるし!


どういう気持ちで、空港の中心にそんな銅像を置いたんだ。

DPP_2735

ただ、その隣にも銅像がありました。


今度こそしっかりしてるんだろうな?

一見、マスオさんが驚いた時のモノマネ「えぇー!」をしている女子高生にしか見えない。


あの伸びた指先が気になるなぁ。

もう、なんだよタイトルは。

DPP_2736

タイトル・・・似合うかしら?




ふざけんなよ。


何がだよ。

何が似合ってんだよ。

あえて言うなら似合ってねぇよ。

完全に、空港に似つかわしくねぇよ。


てか、富山も空港もまったく関係ねぇやんけ!ばかちんが。

DPP_2737

オープニングから、かなり取り乱してしまいました。

逆に、それくらい空港というところは面白いのです。


空港内に入りました。

空港内は、さすがに富山らしいアイテムやモニュメントがたくさん。

子どもたちも無邪気に遊んでいます。


きっと彼らも空港にただ遊びに来ているだけなのでしょう。

DPP_2738

すると、近くに富山のおいしい水がありました。


これは良いサービスです。

無料でとやまのおいしい水をいただけるなんて。

DPP_2739

いやーどれどれ?


ぼくはたまたま近くに外人がいたので、とやまの水で乾杯することに。

何にだよ。


ぼく  「・・・水でしかない。」

外人  「तो महान अभिरुचीनुसार.」

ぼく  「तो खरंच चवदार असू शकते.」

外人  「!?」

DPP_2752

また、空港には、カフェやレストランもあり、普通に食事ができます。

ぼくも今回、エアポートキッチンということろに行ったのですが

めっちゃうまかったです。


さすが、グローバルなお客様がいるだけある。

味は絶品でした。

ぜひ、行ってみてください。

DPP_2741

さて、いよいよメインの展望デッキに来ました。


そうです。

ここ富山きときと空港の展望デッキでは、飛行機の離着陸を生で見ることができるのです!


やったー!!!

子どもたちと一緒に来ると絶対喜ぶよ。


なぜならぼくが喜んでいるからね!

DPP_2742

さて、入場料100円を払って、展望デッキに来ました。

曇りだというのに、たくさんの人が来ています。


子どもと一緒に来ている人。

カップルで来ている人。

ガチで飛行機を撮りに来た猛者。


それぞれ、いろんな思いを抱え、ここに集結しています。

DPP_2745

展望デッキは広いので、場所取り争いもしないで済むね!


以前、ぼくは「散居村展望台」で場所取り争いに敗れ、悲しい思いをしたことがあった。

もう、そんな思いをさせたくない。

もう、そんな思いをしたくない。


富山きときと空港は、争いを断固許さないのです。

DPP_2744

さて、メインの飛行機がいました。


富山きときと空港では、離陸と着陸が2時間のおきにしかない。

つまり、飛行機が動いている姿が見えるのは、1時間おきなのだ。


なので、飛行機を待っている間は、お土産コーナーとかカフェで時間を潰しましょう。

それにしても、あんなデカイ物体が、空に舞い上がるとは信じられん。

DPP_2743

飛ぶのかい?

本当に飛ぶのかい?

飛ぶっていうのかい!?


早まるな!君はまだ若い!!!

DSC1284

そんなぼくの思いと反して、飛行機はさっそうと飛んで行きました。


しかし、離着陸時って、すごい音するね。

もう爆発やん。

芸術やん。


芸術は爆発やん。




さて、寒いしさっさと移動しよう。

DPP_2750

空港の後ろは、こんな景色である。

こんな冴えない景色ですが、夜には意外と綺麗になる。

DPP_2762

謎の金銀のモニュメントが、本体の色に反して、青色に光るのである。

マジ、なぞのモニュメントが多いな。

DPP_2746

また、展望デッキには、飛行機のプロペラやタイヤが展示されている。

展示されているといえば、聞こえはいいが実際は、置かれている。もしくは捨てられている。


しかし、タイヤでっか!!!

こんな巨乳の子がいたら、ぼくはどうしたらいいんだ!

DPP_2747

タイヤの断面図は、こんな感じである。


初めて見たけど、ただのゴムじゃないんだね。

専門家ではないので、詳しくわかりませんがサガミオリジナルも、こんな構造だったと思います。


ただのゴムじゃないんだね。

DPP_2749

寒いので、早く館内に戻ります。

すると、出口近くで、飛行機のスタンプを押せるコーナーがありました。


みんな紙がないからって、壁とかにスタンプしちゃダメでしょ。

例えるなら、トイレットペーパーがないからって、そこらへんに用を足すようなものです。

犬のマーキングかよ。

DPP_2740

最後は、お土産コーナーです。


お土産コーナーには、ほんとにありとあらゆる富山の名産品が置いてあり、ます寿司なんて、めっちゃ種類があったよ。


そして、そんなお土産コーナーにある本を購入して、カフェで読みふけっていました。

やっぱり、最後は知的に空港で過ごしたいよね!


名探偵コナンまじ面白いなぁ。

DPP_2767

ということで、富山きときと空港は、子どもとの遊び場だけでなくカップルで来ても楽しく、特に、ここの夜景やかなり綺麗です。

そんな「夜の空港デート」の記事もぜひ読んでいってください。


大きな地図で見る

ADDRESS 富山県富山市秋ケ島
TEL 076-495-3000
OPEN 11:00-21:00
CLOSE No CLOSE

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る