謎の銅像と景色「呉羽山公園展望台」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


突然ですがみなさん

高いところから、下々を見下すのは好きですか?

スポンサードリンク

ぼくは、大好きです。

好きすぎて、週に1回は、高いところに登らないと気が済まない性格です。


ちなみに、週に6回は、土下座をしています。

IMG_1149

そんなぼくですが、今回は、呉羽山公園展望台にやってきました。


結構、富山の人は、ここに来たことがあるのではないでしょうか?

アクセスが簡単で、富山市を一望できるとなるとここが便利ですからね。


はっきり言って、紹介するまでもないですよ。全く。

IMG_1148

呉羽山公園展望台にあるこの謎の銅像は、佐伯有頼という飛鳥時代の人物で

立山を開山した人らしい。


ほんとかよ。


そういえば、「立山博物館」でも、そんな話を聞いたなぁ。

立山博物館にある「まんだら遊苑」のインパクトが強すぎて、忘れていました。


ワシを肩に乗せているあたりが、中二病っぽいですね。

IMG_1153

なんと、ここでは富山市街と立山連峰が見えるらしいですね。

いやー素晴らしい。

そらカップルがたくさん来るわ。


ちなみに、ぼくは今、3組のカップルに囲まれて泣きそうです。

IMG_1154

だけど、立山連峰があまり見れませんでした。


きっと、これも人間たちの業。

車や機械によるスモッグのせいで、見れませんでしたよ。


いま、環境破壊が叫ばれています。

地球温暖化もありますし、エネルギー問題もあります。

ぼくらは、この地球に生をうけ、地球によって育てられました。

地球こそ我々の父であり、母でもある。


そんなエンディングの映画をさっき家で見ました。

DPP_2681

そんなことを思いながら、冬のベンチで寝ていると

いつのまにか、夜になっていました。


自分の体を見ると、全身、雪で覆われていたので、

一瞬、雪男になれた!と喜んでいたのですが、

一呼吸して、雪を叩き始めました。


そんな映画を見たような見てないような。

DPP_2682

やっぱり、冬の夜景は、空気が澄んでいて綺麗ですね。

先ほどの、スモックはなんだったんでしょうか?


こうやって、富山市の夜景を見ていると

あたかもここが、けっこう都会のような錯覚を起こします。




いや・・・やっぱりビルが少ないな。

DPP_2687

ということで、ここ呉羽は、実は富山大学も近くにあることから

楽しくて、オシャレなスポットがたくさんあるのです!

本サイトの検索「呉羽」へリンクして、その他の記事もぜひ見ていってください。

そして、呉羽山の夜景で、デートのフィニッシュを決め込んでください。


大きな地図で見る

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る