パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

【富山県民がおすすめ】これだけは食べてほしい地元グルメまとめ

どうも、編集長のサクラです。


せっかく富山県にやってきたけど、一体、何を食べればいいのだろう?

何が名産&名物で、何が有名なの?

そんな読者のために、富山県民がオススメするご当地グルメをまとめてみました。

まず、これさえ食べておけば間違いないでしょう。

やはり富山県民としては、魚がめちゃくちゃ美味いので、それを食べてほしい!


それでは、どうぞ!

スポンサードリンク

高志の紅ガニ


意外と知られていないのが、富山県のカニ。

新湊では、水揚げされたものをすぐ食べることができる。

都会では考えられない美味さのカニだよ。


富山ブラックラーメン


富山大空襲の復興作業の際、大量に汗をかく肉体労働者のための塩分補給として、醤油を濃くしたラーメンが「富山ブラックラーメン」

味はというと、めっちゃくちゃ濃いです。

とんでもなく濃いのですが、コアなファンも多いとか。

米、もしくは酒と一緒に食べたい富山のグルメですね。


ひみ寒ブリ


今や富山ブランドとなっている富山湾の王者「寒ブリ」

冬の寒い時期に水揚げされるので、霜降り具合が半端ないのだ。

冬限定ではありますが、旨すぎです。値段もそこそこします。


宇奈月ビール


ビールとは思えない、オシャレなデザイン。

それでいて数々の賞をとるほどの富山県の地ビール。

お土産にも、夜に飲んでも最高です。


白エビ


刺身でも揚げ物としてもいただける富山湾の宝石「白エビ」

ビールと一緒にいただく味は絶品。

身が小さいので、独特の感触を味わえます。


ほたるいか


富山湾の神秘と言われる「ホタルイカ」

「ホタルイカミュージアム」という、ホタルイカを展示しているマニアックな水族館もある。

また、春には、「ホタルイカの身投げ」という奇妙な現象も見ることができます。

味はただのイカではなく、変わった味わいが楽しめます。


ます寿し


富山の駅弁といえば「マス寿司」

マスを酢で味付けした押し寿司なのであるが、これがなかなか美味い。

「ます寿しミュージアム」もあるくらい富山といえば、ます寿しなのだ。


富山の地酒


なんといっても、富山は水も米も旨い。

結果として、日本酒は最高に美味しいに決まっているのである。

富山県の日本酒をまとめた記事もあるので、これを参考にしてみてください。


氷見うどん


手延べ式の細いうどんで、加賀藩献上御用うどんとして250年以上の歴史がある。

特徴としては、細くて餅のような食感と風味があります。

ただ、他のうどんとどう味が違うのかと聞かれれば、わかりませんでした。


応用編



ここからは、季節によって食べることが出来なかったり、面白い富山のグルメをご紹介。


入善ジャンボスイカ


夏に食べることが出来る、とにかくデカいスイカ!

実際に買って食べたことがあるのですが、半端ないです。

ぜひ、お土産にもいいですね。


かぶら寿司


冬の訪れを感じさせる富山の味覚。

かぶら寿司を分かり易く説明すると「高級なカブ漬の寿司」です。

フルーティで、麹の甘みとブリの旨味が合わさって最高のハーモニー!


とやまの水


「おいおい、水なんて紹介するなよ!」という読者の声が聞こえてきますが、まぁ待ってください。

実は富山の水道水は5年連続モンドセレクションをとっているほど洗練された水なのです!

英語版も売っていたりと、富山の水はグローバル。

味は、水でした。


かまぼこ


富山県は魚が美味しいこともあり「かまぼこ」も有名です。

あまりに進化しすぎて、「ねこの肉球かまぼこ」であったり、「バレンタインデーかまぼこ」と、オシャレさもアップ!

富山湾で穫れた新鮮な魚を使っているので、味も他県とは違いますね。


富山ブラックサイダー


あの胡椒と醤油ベースのラーメンをサイダーにしてしまった、とんでもない作品。

実際に飲んでみたのですが、もうすごいんです!

ホームページによれば、10人飲めば3人はハマるという。

高速のパーキングエリアなどにもあるので、気軽にチャレンジしてみたください。


ということで、わたしのなかではホタルイカとか富山のマニアックな名産品よりブリとかうどんとかの名産品の方が普通に美味しいと思います。

ただ、富山らしさという点では、そのような珍味を食べるのも旅の思い出になるのではないかと思います。

ぜひ、富山に旅行に来た際は参考にしてみてください。

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »