アンティーク買うなら「EASE ANTIQUES(イーズアンティーク)」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


みなさん、アンティークとはなにかご存じだろうか?

スポンサードリンク

アンパン「アンティィィィィィイィィィイク!!

バイキン「バイバイキィィィィィイィィイィイィン!!」


アンキックではありません。

バイバイキンでもありません。


今、ばいばいきんを変換したら売買金となって、びっくりしました。

DPP_0126


だからなんだ。


ということで、富山でアンティークを扱っているという「EASE ANTIQUES」に行ってきた。


入口の横にある電話がすでにアンティークという面白さ。

DPP_0124

そして、店内に入るとまず目に入ってしまうのが、サンタクロース。


心なしか、ぼくを睨みつけているように見える・・・。




やんのかこらっ!


ぼくは思わずファイティィィィィィイィィングポーズをとってしまいました。

いちいちめんどくさいですね。

DPP_0123

サンタクロースのいる一階は、主に雑貨を扱っており、コップやおもちゃ、その他あらゆるものが不規則に陳列していた。

どら○もんのポッケの中ってこんな感じなんじゃぁと思ってしまうくらい色々ある。


の「どら○も~ん!じゃい○んがいじめるよ~(泣」

ド「しょうがないなあ・・・・」

の「わくわく・・」

ド「『アンティーク』!」

の「ありがとう!どら○もん!これで撲殺できるね!!」




はい。

DPP_0122

今度は二階へ行こうと、階段を上っているとなんとも「素敵なランプ」が!


メキシコ製でとても重厚感があり、それでいて柔らかな光を生み出している。

この大きさだとさすがに、お店を持っている人か大きな家の人が買うのだろう。


んー洒落乙。

DPP_0119

二階は一階と違って、家具がメインに置いてあり、きれいさっぱりした空間になっている。

ドラ○もんのポッケの中を綺麗にしたら、こんな感じになるだろうか。


てか、ドラえもんのポッケの中で、旅館ビジネスができそう

DPP_0120

まず目を引いたのは、このピンボール!


これよく映画とかで見たことあるやつやん!

あのメキシコのバーとかにでてくる。

実際にドルコインを入れて、ピンボールすることができる。


ピンとボールが合体して、ピンボール!

まさに大人のアンティーク!サイコー!!

DPP_0118

さらに奥には、アメリカのお金持ちは必ずもっているであろう牛の頭骨が!


これを部屋に飾るだけで、一気に部屋の雰囲気が変わるだろう。

さきほどのピンボールと一緒に置いておくと、お店がすぐ開けるレベルだ。

牛の頭骨をバンパーに、後部座席にはピンボール。


車にこの二つを置けば、金持ちの車になること間違いなし。

DPP_0121

これらのアンティークは、オーナー自らが海外で買い付けた50’s~70’sのアイテムばかり。

なんというこだわり。

そして、アンティークへの思い!!サイコー!!


実は、すぐ近くにアンティークに合わせて部屋をデザインできる「EASE LIFE」という新商品やアパレルも扱うお店が存在する。

あと、富山のアンティークのお店は、「Trifle-worth Antiques」があります。

アンティーク好きは、ぜひ行きましょう。


大きな地図で見る

ADDRESS 富山県富山市西公文名町5-1
TEL 076-492-9818
OPEN 12:00-19:00
CLOSE 木曜日

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る