子どもに大人気!「呉羽丘陵多目的広場」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


呉羽丘陵に公園を見つけました。

スポンサードリンク

毎度のことですが、ぼくはなぜ公園の記事を書いているのでしょうか?

数えてみると、27個目の公園の記事になります。

ちなみに、アクセス数も少ないです。


もうどうしようもないマニアックな分野です。

DPP_2498

そんなマニアックな記事ですが

ぼくは公園で、変なモノを見つけて突っ込むのが趣味なのです。

文字を見ただけで、ド変態な趣味だということがわかります。

ただ、お金もあまりかからないので、エコな趣味とも言えます。


今回は、「呉羽丘陵多目的広場」というところに来ました。

DPP_2499

早速、公園内に行ってみるとぼくは驚いた。


めっちゃ人いるやん。


今までぼくが行った公園は、お世辞にも廃墟と化した公園ばかりでした。

それがこの大人気さ。

言うなればテーマパークですよ。これは。

本来、公園ってこんな感じですよ。ホントは。

DPP_2505

公園の入り口付近には、なんかビジターセンターという謎の施設がありました。

ビジターとセンターでなんか韻を踏んでいますね。

これをネーミングした人は、ラッパーか俳人に違いありません。


よくわからない建物に入るのもぼくの趣味なので、すぐに入ってみることに。

DPP_2506

中は暖かく、休憩場となっていた。

あと、なんか呉羽付近の宣伝をしているテレビもありました。


はい。

全然面白くありません。


なんだここは。

けん玉の1つくらい置いておけよ。

DPP_2503

気を取り直して、公園に再入場しました。

ありがたいことに、すぐに面白い遊具を発見しました。


今日は、ついていますね。

DPP_2504

ぼくが気になったのは、こいつ。


ボロボロやないか。

てか、なんだよ。

ワームかよ。

あと、ちょっと気持ち悪いし。

色も生生しい。

穴の位置もおかしいだろ。

あと、ちょっと卑猥な感じがしませんか?しませんね。


ここぞとばかりに突っ込んでやりました。

快感です。

DPP_2501

むしろ、今のでなんかだいぶ満足してしまいました。

こんなに心が澄んだ状態で公園を歩くのは久しぶりです。


しかし、結構広いなぁ、この公園は。

DPP_2502

公園の奥の方には、面白そうなアスレチックがありました。

黄色い滑り台はどこかで見たような形状です。


あっ。


さっきのボロボロの筒だ!

ってことは、さっきのボロボロの筒は、黄色い滑り台の脱皮した抜け殻か!




まぁ、そんなわけありませんが。

DPP_2508

続いて、足立塚というモノがありました。


説明を読んでみると

江戸時代に高山から富山に来た「足立平陸正保(あだちへいろくまさやす)」を称えて作られた塚みたい。


なんちゅう名前だよ。

彼の何がすごかったかというと

富山藩に武術として「四心多久間見日流和術(ししんたくまよんだいけんにちりゅう)」を秘伝奥義を伝えたという。


めちゃくちゃかっちょえーやないか!

中二病のようなネーミングですね。

DPP_2507

続いて、注意書きも毎回チェックします。


犬のフンだけでなく、毛まで責任を持って始末しなければならないなんて。

潔癖症の公園ですね。

人間ですら、一日に50~100本の毛が抜けるというのに。

これは、犬を連れてくるなということですかね。


さて、帰るか。

DPP_2500

この呉羽丘陵には、富山平野を一望できる「白鳥城址」も近くにあるので

公園で子どもと遊んだ後は、景色を一緒に楽しむのも良いですね。


呉羽にはたくさんの楽しい施設があるので、ぜひこのサイトで「呉羽」と検索してみてください!


大きな地図で見る

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る