日本初の公害病を学べ!「イタイイタイ病資料館」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


富山市にある富山県国際健康プラザというところに来ました。

病気とは無縁のぼくにとっては、「なめてんの?」って感じです。

この前も、一週間ケンタッキーフライドチキンを食ってやりましたよ。


そのせいか、後半は顔のテカリが収まりませんでした。

DPP_2377

ただ、今回の目的は、健康ではなく「イタイイタイ病資料館」に行くことです。

富山県民ならず、全国の人が名前は聞いたことがあるイタイイタイ病。

神通川下流域の富山県で発生した、日本初の公害病です。

スポンサードリンク

カドミウムに汚染された水を使用することにより骨が脆くなりほんの少しの身体の動きでも骨折してしまう恐ろしい病。

今回の記事は、はっきり言ってボケれません。

DPP_2378

もし、ここでイタイイタイ病についてボケてしまっては、間違いなく炎上します。

そして、このサイトが閉鎖にまで追い込まれ、ぼくはまたケンタッキーフライドチキンを暴食するはめになります。


テカリだけは・・・顔のテカリだけは勘弁願いたい!

DPP_2379

なにかと大きな施設なので、学校の遠足などで使用されているのだろう。

子どもの社会科見学にとって、なかなかヘビーな内容だと思うが。


まぁ、大人だから勉強になるけど、子どもにとってどういう感情になるんだろう。

ぼく自身は、環境汚染への怒りで何をしでかすかわかりません。


ぼくが言うのもなんですが、もしそうなってたら誰か通報してください。

DPP_2380

長い前説でしたが、ようやくイタイイタイ病資料館入口に来ました。

ものすごい綺麗な施設です!

ただ、受付の人が不在です。


まぁ、施設自体が無料なので、全然受付の人いなくても成り立つんですけど。

受付のお姉さんを一目見たかったです。


本当はイタイイタイ病よりも受付のお姉さんを見に来たと言っても過言ではありません。

DPP_2381

このイタイイタイ病の由来は、患者が「痛い、痛い」と泣き叫んだ事かららしい。

原因は、神通川上流の三井金属鉱業神岡鉱山亜鉛精錬所から出た廃水に含まるカドミウム (Cd) がと断定された。

そうして富山県民が立ちあがり、全国から集まった20人の弁護士によってイタイイタイ病訴訟弁護団を結成した。

もちろん裁判は勝訴。

すったもんだあって、和解し、教科書に載るレベルの事件となった。


いやー現代では考えられないような公害ですね。

DPP_2382

これは大変勉強になりました。

学生のときは、あまり勉強していませんでしたが、社会人になってからの勉強は粋ですね。

これからもいろんなことを知って、いろんなことを考えていきたいです。


とは言っても、ここはこんな辛気臭いだけの場所ではありません!

DPP_2393

実は、とやま健康パークには

小学生から大人まで、健康づくりについて体験し、学ぶことができる「生命科学館」

開放感あふれる屋外で、立山連峰を仰ぎながらの心地よい汗をかける「野外健康づくり施設」

日頃からどのような食事や運動、休養をとればよいのかを医師と専門スタッフがアドバイスしてくれる「健康スタジアム」

と盛りだくさんの施設なのです!!!


ぜひ、そちらの記事も見ていってください。


大きな地図で見る

ADDRESS 富山県富山市友杉151
TEL 076-428-0830
OPEN 9:00-17:00
CLOSE 月曜日

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る