すべてがオシャレ!古民家カフェ「uchikawa六角堂」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


射水市に、珍しく2回も「角切り」をされた、六角形の畳屋さんがあった。

スポンサードリンク

その畳屋さんは、築70年ほどで住む主人を失ってからすでに5年が過ぎようとしていた。


そして、壊されるだろうその建物をなんとカフェに大変身!!!

DPP_2341

そのお店が「uchikawa六角堂」


いやー、確かに変わった形をしてますねぇー。

まさに、これがカフェなの!?って感じです。


ちなみに、内川(うちかわ)とは、湊町を流れる川です。

DPP_2343

ぼくも大好きな富山ゆるキャラナンバー1「ムズムズくん」も、リアルな着ぐるみよりも可愛げです。


間違いなく美化されています。

ぼくの知っているムズムズくんは、もっとアホそうです。

そんなムズムズくんがいいんですがね。


ぼくだけですか?

DPP_2342

では、早速店内に入ろうと思います。

入口もかなりオシャレですね。


これは期待大です。

DPP_2344

店内は、テーブルや椅子、柱、壁がで構成されてます。

まさに、古民家のイメージをそのまま利用しています。

まぁ、イメージはそうなんですけど、デザインは洋風で、特に壁のデザインがオシャレです。


ロッククライミングが趣味の人が来たなら、絶対登ってみたい壁ですね。

DPP_2345

ガラスも大きいので、店内はめっちゃ明るいです。

こりゃまったりですね。

窓際に座ったら、すごく人に見られそうな気がしますが。


美容院では、美男美女がわざと窓際の席にされると噂で聞いたことがありますが

この席も、まさにぼくが座るべき席と言っていいでしょう。

DPP_2346

そう思ったのですが、やっぱり二階の隅っこの席がぼくにはお似合いだと自覚し

普通に二階へ行きました。


ぼくが窓際に座ることで、お客さんがお店から遠退いてしまっては

ぼくのおこづかいでは、このお店に罪を償いきれません。


家でも、隅っこで三角座りをして過ごしているので、しっくりきます。

DPP_2351

uchikawa六角堂のメイン料理は、サンドウィッチで

可能な限り旬のオーガニックのものを使っている。


種類も豊富で、難しい横文字もたくさん!

パンそのものの種類も多々選べ、楽しいです。

DPP_2352

サンドウィッチだけでは俄然満足できないぼくは、セットメニューを頼むことに。

セットでは、サラダとスープとドリンクが+500円で付いてきます。


むしろ、サンドウィッチだけ注文しても、お口が寂しすぎです。

飲み物は確実に欲しいところです。

DPP_2350

優雅に、電子書籍で漫画を読んでいるとサンドウィッチがやってきました。

ちなみに、漫画は名探偵コナンです。


コナンくん、殺人現場に遭遇しすぎでしょ。

世の中の殺人事件の半分以上に、コナンくんが関わっているに違いありません。

彼は死神でしょうか?

DPP_2349

さて、サンドウィッチの感想ですが、外はカリカリ、中はふわふわです。

コンビニのサンドウィッチとは大違いです。

当たり前ですけど。


あと、チーズとレタスとハムとがマジでウマい。

味の共存の最高峰「ごましお」くらいのハーモニーです。


これは優雅な昼食です。

DPP_2348

外の街並みも綺麗で、都会の喧騒を忘れされてくれます。

富山は都会なのかは微妙なところですが、まぁ都会ということにしておきましょう。


近くに、みんな大好き「海の貴婦人」もいるので、そちらの記事もどうぞ!


大きな地図で見る

ADDRESS 富山県射水市八幡町1-20-13
TEL 0766-30-2924
OPEN 9:30~20:30
CLOSE 月曜日

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る