世界一長い木製ベンチ!?井波彫刻もすごい「瑞泉寺」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


南砺市の井波は、木彫りで有名で、道の駅「いなみ木彫りの里」も木彫りで繁盛している。

職業も木彫り。学校も木彫り。趣味も木彫り。食べ物も木彫り。三度の飯より木彫り。


・・・飯食えよ。

あっ、飯も木彫りだった。

そんな井波の美術館があったりする「神の微笑む道」を通り、「瑞泉寺」に来ました。

瑞泉寺と書いて、「ずいせんじ」と呼びます。


はい。読めませんでした。

自分の漢字能力の低さに絶望しながら、いざ瑞泉寺にレッツゴー!!

DPP_2082

なぜでしょうか?




めっちゃ人いる!!!


井波の全人口を集結しても、こんなに人はいないだろう。

なにここ。

そんなにすごいところなの!?

DPP_2080

まぁ、人の多さに気を取られず、いつもどおり変なものを写真に収めていこうと思っています。

まず、発見したのは「木製ベンチ長さ世界一」というベンチ。


・・・

そんな長いのいる?


いくら、野球選手のベンチメンバーが多いからって

球場をはみ出すようなベンチいらないでしょ。

DPP_2081

えー「空翔ける龍ベンチ」

・・・まぁ、いいでしょう。


瑞泉寺から八日通りまで板と板をつなぎ合わせて・・・


って、全然、空翔けてないやん!!!

完全に、地面を這ってるでしょ!!!


あとは・・・

653.02mでギネス認定しちゃったよ!!!

0.02mの端数が気になり過ぎるわ!!!

DPP_2083

少し、取り乱してしまいました。

ぼくは気持ちが高まると普段は、ヤラシイことを考えて心を落ち着かせるのですが

ここは人がとても多いので、そんなことしてしまえば、警察に通報されてしまいます。

なので、とりあえず高いところに登ろうと思います。


馬鹿は高いところが好きと言いますしね。




誰が馬鹿や。

DPP_2084

200円という微妙に高いようなお金を払い、山門の上に向かいます。

200円あったら、100円均一で2つも何か買えます。


あっ、消費税入れたら一つしか買えません。


なんか心を落ち着かせようと、山門に入ったのに

階段が狭かったり

200円で100円均一の商品が一つしか買えない事実を目の当たりにしたりで

むしゃくしゃします。


上の文章だけ見ると、ぼくがすごく馬鹿な人だとわかります。

DPP_2085

ようやくテッペンに来ました。

おぉ、なかなか良い景色です。

特にこの、人を見下せる快感は、やめられません。


どうか、今だけ。

今だけしかできない「人を見下す」という行為を許して下さい。


普段は、誰よりも頭が低いのです。

この前は、公園で赤ちゃんに見下されたこともありました。




移動は、もっぱらほふく前進ですからね。

DPP_2087

今度は、本館にやってきました。

人が多すぎです。


富山県民が全員集まっても、こんなに人は集まりません。

お坊さんのライブでも始まるのでしょうか?


寺内に入って見ると、お坊さんが何かを唱えてました。

召喚呪文ですかね。

それとも、これがいわゆる「坊さんロック」なのでしょうか。


どちらにしろ、よくわからなかったので、5秒で外に出ました。

DPP_2088

どうやらここは、真宗大谷派の寺院で、京都の東本願寺が本山みたいだ。

そんな瑞泉寺の建物の彫刻は、南砺市井波の職人の手によって作られている。

重要文化財もあるくらいなので、相当すごいお寺みたいだ。


なんか高岡市にある「瑞龍寺」より人が多いんじゃね?

DPP_2086

まぁ、なんでしょう。


宗教に興味ない人がここに来ても、楽しくはないよね。

ぼくは空を見ながら思った・・・。


お家に帰ろう。

井波のすげー彫刻を見たい人は、瑞泉寺の近くにある「井波彫刻総合会館」に行ってみてください。


大きな地図で見る

     

ADDRESS 富山県南砺市井波3050
TEL  0763-82-0004
OPEN 9:00〜16:30
CLOSE なし
Parking あり

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る