のみ筋が鍛えられる「いなみ木彫りの里」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


南砺市の井波というところに来ました。

井波は、1390年に近くにあるお寺「瑞泉寺」を建立してから彫刻の歴史が始まったという。

スポンサードリンク

昔の人って、観音様とかをよく木で彫っていたというし。

本能的に、木があると彫らずにはいられない生物なんですね。




きっと、彼らの先祖はキツツキでしょうか。

DPP_2103

そんな井波にある「木彫りの里」

一体、ここには何があるのでしょうか?

早速、レポートしたいと思います。


トウッ!!!

DPP_2101

シュパ!!!


まず、七福神を発見しました。

てか、道路からも超目立っています。

写真からでは、わかりづらいですが、相当でかいです。


でも、和田ア〇子よりちょっと小さいくらいです。

DPP_2102

道教の神で南極星の化身の南極老人である「寿老人」

頭が、かち割れています。

見ようによっては、やくざみたいにも見えます。


てか、七福神には、南極星の化身がいたんだな。

びっくりだよ。


では、次の場所へ・・・

トウッ!!!

DPP_2104

どーーーん!!!


匠工房に来ました。

ここでは、実際に目の前で、匠が木彫りをして商品を作っています。


魚市場のように、新鮮な木彫りが手に入るということですね!

DPP_2105

そして、これが、新鮮な木彫りが彫られているところです。

もう、どんだけ「のみ」があるんだよって感じですね。


例えるなら、テスト問題を大量に集めて安心するぼくのようです。

安心するせいか、実際、勉強はあまりしません。


おっちゃんの「のみ筋」も相当なものです。

次へ進みましょう・・・

トウッ!!!

DPP_2106

ぺろ~ん!!!


なんか公園にやってきました。

しかし、ものすごい看板です。

リスをちぎって、どこかに転売できそうなくらいです。


一体、この公園にはなにがあるのでしょうか!?

DPP_2111

一見、タダの公園です。

子供たちが3人で愉快に野球をしています。

きっと、のび太とスネオとジャイアンですね。


公園の中央は、ドラえもんの空き地のようですが、その外観には・・・

DPP_2110

頭のとんでもないおばさんがいました。


どうしちゃったんだろう?

ねぇ、この人

どうしちゃったんだろう?


ロケットみたいに、どこかに飛んでいきそうな格好をしています。

スカートの中身は、火薬でしょうか?

DPP_2107

次に発見したのは、何かを持って、にらみあっている彫刻。


てか、近過ぎでしょ。

もう、足も踏んづけちゃってるし。


一体、この題名は何だろう?

「初めての共同作業(元気玉作成中。)」

かなぁ?

ちょっと、アップにしてみましょう。

DPP_2108


・・・




マジか。。。


どんなファーストキスだよ!


こんなファーストキスだったら、後悔してもしきれません。

一生後悔する彼らに同情します。

DPP_2098

ちょっと、変なモノが多かったですが、この「木彫りの里」のメインは

「井波彫刻総合会館」です。

先ほどの比にならないくらい、マジで繊細ですごい作品がたくさんあるので

こちらの記事も見ていってください!


大きな地図で見る

ADDRESS 富山県南砺市北川730
TEL 0763-82-5757
OPEN 9:00~17:00
CLOSE 年末年始

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る