パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

1年中咲いている!花の博物館「チューリップ四季彩館」

どうも、編集長のサクラです。


突然ですがみなさんは、1年中チューリップが見られるという「チューリップ四季彩館」をご存知でしょうか?

実は、富山県の砺波市にあるのだが、春にだけ咲くチューリップが1年を通して見ることができるんです。

ということで、チューリップ四季彩館にやってきました!

今回は、となみチューリップフェアというイベントのときに来たのですが、冬でも普通にやってます。

早速、中に入ってみましょう。

これはオシャレな空間です。

おおまかに説明によると、ワンダーガーデン・ワンダーファームの2カ所に分かれている。

ワンダーガーデンは実際のチューリップがたくさんあるところで、ワンダーファームがチューリップの歴史や生態を学ぶ区間だ。

まずは、「ワンダーガーデン」

このように、道の両端にたくさんの種類のチューリップが咲いています。

まさに、庭のような感じ。

道を歩いていると、なにやら階段を見つけました。

なんだが冒険をしているみたいです。

登ってみましょう!

すると、2階から庭を見渡すことが出来る。

なんて綺麗なガーデンなんだ!

また、上から見える中央の円形ガラスは、チューリップパレスと言います。

この中に入れば、360°チューリップに囲まれることが出来ます。

まさにチューリップの四面楚歌!

使い方まちがってる気がするけど。

今度は、「ワンダーファーム」です。

ここでは、チューリップの歴史と生態を学ぶことが出来ます。

例えばこちら。

チューリップバブルという、チューリップの球根が高値になったときの話。

球根1個に対して、この価値。

1800年代にもバブルはあったようです。

続いて、チューリップの伝来について。

戦争中にもかかわらず、チューリップだけは守ろうとしているパネルが「そんなバカな。」と思ったので、おもわず写真を撮ってしまいました。

ただ、彼らの行動があったから、砺波はこのようにチューリップの産地になったのですね。

また、チューリップの生態を知るためのシアターなどもありました。

しかし、チューリップについて勉強する機会なんて今までなかったから、これはこれですごい楽しかったなぁ。

奥が深いチューリップ。

ということで、1年中チューリップが楽しめる博物館。

しかし、春には「となみチューリップフェア」を開催しており、もしここに来るなら春がオススメ!

国内最大級のチューリップ祭りも、ぜひ行ってみてください。

     

ADDRESS 富山県砺波市中村100-1
TEL 0763-33-7716
OPEN 9:00~18:00
CLOSE ホームページを参考
Parking あり

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »