もはやガラスではない。それはアート!富山ガラス造形研究所卒業作品展2013

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


富山では有名な富山ガラス造形研究所(ぼくは知らなかった・・・)

スポンサードリンク

富山ガラス造形研究所とは「ガラスの街 富山」に1991年に全国初の公立のグラスアート専門教育機関としてスタートし、
全国そして海外から、ガラスに魅せられた有能な学生が集まり、技術と創造性を磨いているところだ。

DPP_0051

この作品展は、富山市中心地にある市民プラザでやってきた。

どうせお高いんでしょう?という読者の声が聞こえてくる。

なんと、この作品展は無料で見れるのだ!

DPP_0046
作品名「tele phone」

写真撮影もOK!なんて心の広い教育機関なんだ!

DPP_0047
作品名「鱗皿」

どの作品も一見して、ガラスのように見えない。
「鱗皿」なんかはフグの刺身かと思ったよ。

DPP_0048
作品名「∞」

作品のタイトルも僕の知能では、わからないものもあり、パニックになってしまった。

DPP_0049
作品名「オトノオト」

ガラスといえば透明というイメージだが、色を着けることでまた違ったものに見える。

DPP_0052
作品名「糸は繋ぐ」

「糸は繋ぐ」こ、これを作るのは大変だったろうなぁ。。。

DPP_0050
作品名「ある小屋の秘密」の一部

最後は、ぼくの一番のお気に入りの作品です。
ひつじさんが可愛いです~。

この富山ガラス造形研究所のガラス展は、毎年どこかでやっているみたいなので
ホームページのニュースフィードを毎回チェックしておこう!

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る