弁慶が岩を持ち上げ雨宿りした絶景スポット「雨晴海岸」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


ぼくは今、高岡市の雨晴海岸の心地よい波風に吹かれています。

手相芸人の島田秀平さんが、ここはものすごいパワースポットと言っていた。


心なしか、ぼくもすごい筋肉がついてきたような気がします。

スポンサードリンク

DPP_1959

今日は、あんまり天気がよくないので、美しい写真を撮ることはあきらめました。

なので、みなさんが知っているようで知らない

雨晴海岸の名前の由来を紹介したいと思います。

DPP_1957

この雨晴海岸。


名前の由来は、義経一行が奥州平泉へ向かう途中に雨が降り出したため

弁慶が岩を持ち上げ、その陰で雨宿りをしたという伝説かららしい。




・・・そんなバカな。

DPP_1958

それで、弁慶が持ち上げ、雨宿りをした岩が「義経岩」というみたい。

怪力にもほどがあるだろ。


みんな話を盛りすぎなんだよ。

ぼくが思うに、弁慶は、意外と普通のおっさんだと思うんだ。




身長が175 mくらいで、体重は75 tくらいだったんじゃないかな?

進撃の巨人かよ。

DPP_1961

そんな義経岩には、しっかり、雨宿りスポットが存在した。

身長が175 mくらいあったら、確実に入れませんね。

でも、これは確実に人工的に作られたものだ。


近所のおっさんが作ったんだろうか?

DPP_1962

岩は、風化か、波の影響で、ものすごい空洞化が進んでいた。


これはすごいな。

こんな穴の空き方があるんだ。


この穴を利用して、ローマの真実の口ではなく、弁慶の口として商業化できないかな?

偽りの心がある者は、一日、弁慶の泣き所がなんとなくかゆくなるとか。

DPP_1960

そんな小もないことを考えながら、ぼくは帰ることにした。




10分くらいここにいただけで、戦闘力が12万くらい上がりました。

農夫の戦闘力が5くらいなので、軽く一般市民を倒せるくらいになりました。


しかし、フリーザの戦闘力が1億2000万くらいなので、フリーザには瞬殺されます。


さらに言えば、べジータと悟空がフュージョンしたときの戦闘力が25億くらいなので

地球は、安泰と言えるでしょう。

DPP_1963

そんな雨晴駅には、なんと、綺麗な雨晴海岸の写真があるではないか!


こ、こんな・・・


こんな綺麗な写真を!!!




写真を!!!!

c8d57edc112c8fb8bc8ce1b82a869a6f

綺麗に撮影してみました。




まるで、自分がものすごい綺麗な雨晴海岸を撮影した気分を味わえました。

DPP_1964

一応、曇っているけど、ぼくなりのベストショットを貼って終わります。

電車マニアには、たまらん一枚ですなぁ。


大きな地図で見る

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る