超楽しい!富山ガラス工房でガラス作り体験に行ってきた

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


富山県には誰もがガラス好きになるという場所がある。

それが「富山ガラス工房」

ここではなんとガラス作り体験ができるという。

DPP_3405

ということで、早速、自然界からケイ素を取りに行く準備をしました。

登山シューズ・ストック・コンパス等、あらゆるガラス発掘装備をして「富山ガラス工房」にやってきました。

ただ、受付に行くとお姉さんがナメクジを見る目でぼくを見てきます。

スポンサードリンク

えっ?

ガラスそのものを作るんじゃなくて、ガラスの器を作る体験だったの!?




テヘッ♡

DPP_3419

まぁガラスの器を作るとしても、どうなんだろう。

めっちゃ汚いオヤジが汗水たらして作るようなモノでしょ?

そんなオヤジと180度、反対側にいるぼくとしては、どうなのよ。


まぁでも、せっかく重装備して来たんだから、いいけどね。

DPP_3408

早速、入口に入るとすぐさまガラスのデザインを決めてくださいと催促される。

とりあえず、デッサンなんてしたことないぼくは、見本をそのまま完コピした。


ミッキーマウスの顔書いてもよかったんですけどね。

DPP_3406

つづいて、色を決めることに。




色ありすぎだろ。


いや、わかんねぇよ、好みの色なんて。

とりあえず、見本の色をそのまま採用しました。

DPP_3407

そうして、デッサンを持って、いざ工房へ!


工房はというと、びっくりするくらい綺麗です。


あんなに重装備で来たのに。

しかも、スタッフたちもオシャレ。


最近のガラス作りは、こんな感じなんだなぁ。

職人が汗と血と涙を流して、製作する時代じゃないんだね。

DPP_3410

まずは、ガラスを付ける棒を温めることから始まる。


この窯の温度は、1300℃くらい。


恐ろしいくらいの温度です。

もし、この窯でピザなんて焼いたとしたら、一瞬でゴミクズになるでしょう。

それくらい、イタリアン職人泣かせの窯なのです。

DPP_3411

次は、ガラスをちょっと摘まんで引き延ばす工程。

なんかちょっと股間が痛くなる光景です。

サイズが小さいので共感してしまったのでしょうか。

ただ、ぼくだって小さいだけの男ではありません。

「サイズはともかく、形がオシャレ」

そう言われたこともありました。

DPP_3412

そして、空気を入れて、器の形を作ります。


最初に空気を入れるときが、一番たいへんです。

もしこの時点で、ガラス体験を断念したら、できたガラスは重石くらいにしかなりません。


今のところ、ただの歪な透明ガラスです。

DPP_3418

そうして、3分くらい吹き上げると、これくらいの大きさに。


結構、大きくなりますね。


吹けば吹くほど大きくなるのですが、大きすぎると和田ア○子専用のコップになってしまうので、ほどほどの大きさにしましょう。

おそらくCカップくらいの大きさが一番ちょうどいいと思います。

その辺にいる女性を見て、サイズを確認して作業に臨みましょう。

DPP_3414

続いて、コップの飲み口を作ります。


棒で回しながら拡げていくのですが、

こちらも大きくしすぎると、ただのお皿になってしまいます。


なんかわかりませんが、棒で穴をあまりいじりすぎるのは良くないのですね。

丁寧に棒で穴を拡げていきましょう。

DPP_3415

最後に、取っ手をつけます。


こちらも棒で形を整えていきます。

女性を扱うように丁寧に、棒で形を整えていきます。


ハリーポッターも驚くくらい、棒が大活躍ですね!

DPP_3416

そうしてこちらが完成品。


初心者でも、こんなに綺麗なガラスの器ができる。


値段は3000円。

ほとんどスタッフの人が手伝ってくれるので、初心者でも安心です。




てか、超簡単で楽しい!

DPP_3417

完成品は、約一週間後に引き渡されます。


急に冷やすと割れちゃうので、一週間かけてゆっくり冷ますみたいです。

完成品は郵送もできるので、誰かへのプレゼントとしても使えます。

DPP_3409

そして、ガラスづくり体験をした後は、カフェでまったりしたいですね。


そんなときは、もう目と鼻の先にある富山で一番透明感あるカフェ!富山ガラス工房カフェ「Glass Cafe Clie」に行きましょう!

こちらも超オシャレで、富山のデートプランとしてぜひ使ってみてください。

大きな地図で見る

ADDRESS 富山県富山市古沢152
TEL 076-436-3322
OPEN 9:00-17:00
CLOSE 年末年始

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る