秋に行くと無料だし種子博士になれる「氷見市海浜植物園」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


今回は、秋ですが氷見市にある海浜植物園にやってきました。




ちょっと待ってください。

読者さんの言いたいことはわかります。

スポンサードリンク

なんで秋に植物園なんだよと。


もちろん、秋というとっても微妙な時期にここに来るぼくもどうかと自覚しております。

まぁ、いいじゃん。

DPP_1723

逆に、秋という微妙な時期の植物って、みんなご存じじゃないと思うんですよ。

だからこそ、今植物園なのです。

そう、秋だからこそ!

DPP_1724

秋ということで、入園料は無料でした。

これも秋のおかげです。


ラッキー!!!


「あんまり見ごたえのある植物がないから無料なんでしょ?」

という読者の声があるなら、ぼくはだんまりを決め込むしかありません。

DPP_1725

いや、でも涼しいし、人あんまりいないし、快適です。

やっぱり、植物を細かく観察するには、人という雑音はできるかぎり消しておきたいのです。


別に強がってないもん。

DPP_1726

ほら、見てください。

このマングローブの種子


こんなに細かい文字で、詳しく説明しているのに、仮に、たくさん人がいたら

「こいつどんだけマングローブに興味あるんだよ。俺もマングローブの大ファンなのに・・・」

と、長い行列ができて、多くの人に迷惑がかかってしまいます。

DPP_1728

そろそろ、秋こそ植物園というのがみなさんわかってきたころだと思います。

ということで、早速、ビニールハウスの中の温室植物の館へレッツゴー!

DPP_1730

見てください!

早速、秋だからこそ見られる果物がありました。


そう。


パイナポーです!


みなさんは、こんな可愛いパイナポーを見たことがあるでしょうか?


こいつはきっと、これから受付のお姉さんのデザートになるのでしょう。

DPP_1729

続いて、バナーナもありました!

あんなにたくさん反り立つバナーナは初めてです!


きっと、あいつはオスに違いありません。

そうでないと、つじつまが合いません。

DPP_1731

しかし、秋だからでしょうか?

さっきから中途半端な果物ばかりです。


こうなったら、今度は面白い植物を見つけ出してやる!

DPP_1732

・・・。


なかなかありません。

というかグリーンばかりで他の色が見当たりません。


ほんと、お前らどんだけ光合成したいんだよ。


と、そのとき、奥の方にピンク色を発見しました!

DPP_1733

おぉ。




なんだこいつ。


とりあえず、すごく気持ち良さそうです。


もう、もふもふ感が可愛らしくてペットにしたくなる植物です。

不思議の国のアリスに出てくる、あのネコっぽい植物ですね。

DPP_1734

ぼくは今、気づきました。

秋は、植物が種をつけだす季節なんですね。

種子特集もしてるし。


えーなになに。

風が運ぶ・自分で運ぶ・海が運ぶ・動物が運ぶ


こいつら、なんて他力本願なんだ。


自分で種を運ぶホウセンカを見習ってほしいです。

DPP_1735

植物も見終わり、お土産コーナーにやってきました。

受付のお姉さんが、早くパイナポーを食べようとよだれを垂らしていました。


なんかすごく種の勉強をしたような気がします。

DPP_1736

植物園では、他にも季節によっていろんな展示企画もやっていて、それなりに楽しめます。

てか、結構広いなぁここ。

DPP_1727

最後に、なぜか股間を押さえてしまうヘチマの写真に載せて終わりたいと思います。

このヘチマ、なぜか他人と思えません。


氷見市海浜植物園の四階には、テレビでも紹介されたシーサイドハウス「ボルカノ」とうカフェレストランもあります。

ぜひ、上から植物を見下ろして

ハハハ!まるで植物がゴミのようだ!

と叫んでやりましょう。


大きな地図で見る

ADDRESS 富山県氷見市柳田3583
TEL 0766-91-0100
OPEN 9:00~17:00
CLOSE 火曜日

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る