絵本の聖地である水市にある「大島中央公園」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


射水市にある絵本の街「射水市大島絵本館 」の近くには、公園があります。

スポンサードリンク

「だから、何だよ。」って人は、ちょっと待ってください。

実は、公園は、老若男女楽しめる最高のアミューズメント施設なのです。


その楽しみの一つに、「ツッコミ」があります。

そうです。


公園で変なモノを見つけては、突っ込む。

最高の娯楽です。

DPP_1533

今回の公園は、大島中央公園というところです。


早速、変な形の石に「大島中央公園」とありました。

なんだよ、その形。


アリにかじられたのかよ。

DPP_1534

そして、入口には、謎のモニュメントがありました。


なにこのクリエイティブな縄文人が作ったような建物は。


ぼくの予想ですけど、きっとあそこがアリの巣なんですね。

DPP_1536

さて、モニュメントはさておき、ぼくは観光案内版を見ることにします。


誰だって、ダンジョンマップがなければ、クリアに手こずるはずです。

薬草がいくらあっても、足りません。


どれどれ、ここは一体どんなダンジョn・・・。

DPP_1538

ちょっと待て。




水市ってなんだよ。


これ破いた奴は、よっぽど「射」という字が嫌いだったんでしょう。

確かに、「射」って、一文字足したら下ネタになっちゃうし。


だからって、破らなくても・・・。

そんないちいち破っていたら、「精」がかわいそうだよ。

DPP_1537

ただ、右を見ると「ようこそ射水の・・・」


って、なんだよ!


ふざけんな!

郷って文字が、が隠されているのですが、日焼けみたいになってるやん。


ちゃんと日焼け止め塗っとけよ!


もう全体的にUVカットした方がよかったよ。

DPP_1547

公園自体は、入口と違って、たいそう和やかな雰囲気です。


子どもたちもチャリンコでドリフトを決め込む勢いです。


おじいさんが優雅にジョギングでもしていようなら、間違いなく交通事故が起こるでしょう。

そうして、子どもたちは、交通安全について学ぶのですね。

DPP_1545

そんなおじいさんが御用達の健康アイテムがこちら。


一体、なんでしょう。

ぼくにはカマキリの手にしか見えません。

でも、近くで見てみると・・・

DPP_1546

ちっちゃい人とおっきな人が漢字の「人」という文字になるように練習しています。


なんだよこの道具。

老人バカにすんな!

金八先生もビックリの遊具だよ。


人という字は、こうやって出来たんですね。

DPP_1541

相変わらず、公園にはたくさんの突っ込みどころがあります。


隠れミッキーを探すくらいのワクワクですね。

ハハッ!


ミッキーにもツッコんでしまえば、ただのネズミやん!

DPP_1542

野球場には




・・・だれもいませんでした。


ふぅ。


どうせなら全裸のおじさんがベースランニングしているくらいがよかったのですが。

そう、容易く突っ込みはさせてくれないみたいです。

DPP_1540

公園も歩くにつれ、なにも無くなってきました。

もう、ただただ広いという悪口しか出てきません。


こんなに突っ込みどころがなくなってしまうと、徐々に元気が削られていきます。

歩くたびに、HPがなくなるドラクエの毒ゾーンのようです。

DPP_1539

最後に着いた遊具広場も、何もありません。

それどころか、子供たちがたくさん遊んでいるではないか!?


最近は、全裸のおじさんが道を子供に聞いただけで、警察にお世話になる始末。

世知辛い時代になってしまったのもだ。


道を聞いただけなのに・・・。

DPP_1544

結局、それ以降何もなかったので、変な形の人が変な形の犬を散歩している看板を投稿します。


いやー公園って、やっぱり平和だね。

心が平和ボケしてしまって、どうしても全裸になりたくなっちゃいますね。


きっと、全裸になった人も、後から

「どうして俺は、全裸になってしまったのだろう。」

と思っているに違いありません。


彼らもまた、公園に踊らされた被害者の一人なのかもしれませんね。


大きな地図で見る

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る