こんなところに小矢部のマル秘スポット「弁慶岩と鼓ヶ滝」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


突然ですが、みなさんは小矢部市の宮島峡をご存知でしょうか?

ここは、涼しげな滝があることで有名なのですが、本日はその端っこ。

もうマニアックすぎる㊙︎スポットがあるのです。

DPP_1490

その1つが、こちらの「弁慶岩」

噂によると、弁慶がどっかから投げ飛ばして、ここい着地した岩だという。


ちょっと見てみましょう。

DPP_1491




嘘つけ!!!


なんでもかんでも観光名所にしようとするのは、よくないですね。

ついでに、牛若丸にも謝れ。

スポンサードリンク

そんな弁慶岩を横目にやってきたのがこちら。

DPP_1493

「鼓ヶ滝」

左のヤマメの里というのが気になってしょうがないですが、今は滝に集中したいと思います。

DPP_1494

うわぁー。

すごい道が悪いし。

なんていうか、庶民にお勧めできる観光地ではありませんね。

DPP_1495

あと、途中にはしごがありました。

理由はわかりません。

もし、屋根に上ろうとしてわざわざこんなところにはしごを持ってきたのだとしたら、それは変態ですね。

DPP_1496

そして、こちらが鼓ヶ滝です。

こ、これは・・・。


ハゲかけた人の前髪にそっくりですね!

DPP_1497

では、髪の毛の裏に回ってみましょう。

マイナスイオンがすんごい。

なにがいいのかわかりませんが、マイナスイオンは体にいいのです。

そう、ネットショッピングで教わりました。

DPP_1498

そして、裏にはなぜか観音様が。

なんで、こんなところに観音様がいるんよ。

DPP_1499

ぼくはあそこに立ち続けるという人生を考えてみた。


もう自殺したくなりますね。

水しぶきがうっとうしすぎるでしょ。

たまに、滝がないときは、部屋が丸見えで、恥ずかしい思いもします。

DPP_1500

そうこうしていると、急に野生のおじさんにエンカウントしました。

おじさん「君は1人かね?」

わたし「はい。」

おじさん「今日は君にカメラの撮り方を伝授しよう。」

わたし「結構です。」

DPP_1501

おじさん「はぁはぁ、よくぞワシの、はぁ、試験に耐えたのぉ。後継、はぁ、者が、はぁ、できてうれしいぞ。」

ぼく「はぁはぁ、すんごいです。」

そうして、おじさんは私に小一時間カメラについて、語って去って行った。


おじさんは長靴かもいれないけど、私は普通のスニーカーなんですけど。

ぼくの足はもはや滝の一部と化してしまいました。

みなさんも「鼓ヶ滝」に来る時は、野生のおじさんにエンカウントしないように気をつけましょう。

注意:でも、たまに、遺産をくれるかもしれません。


大きな地図で見る

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る